So-net無料ブログ作成

緊急帝王切開 [3回目の妊娠→出産!]

緊急帝王切開が決まり、夫を呼び戻すことに。
電話すると夕飯食べて今家に着いたよ、とのこと。申し訳ないけど今から生むからお願いと頼むと、信じられない速さで戻って来ました。
手術室に入る前に間に合わないかもと思っていたので、入る前に会えて良かったです。

あらゆる書類にサインしまくり、ベッドごと、違う建物の手術室に運ばれました。夜中だったので真っ暗な中非常灯だけが所々点いていて、怖かったです。
すぐに赤ちゃんを見たかったけれど、メガネはダメよと言われがっかり。メガネを預け、手術室手前で夫とはバイバイ。
この後30分後、真っ暗な中待つ夫に、手術に入る前の担当医の先生が声を掛けたそうです。
「残念でしたが・・・・」
夫は手術が終わって出てきたのかと思い、医師の言葉に何かあったのかと思い気が遠くなりそうになったそうです。続いた言葉は、
「経膣で生むことができなくて、ごめんなさいね。」

ものすごーく広い手術室。麻酔科の医師たちから説明を受けます。だんだん緊張してきましたが、平静を装っていました。
時間を聞く0時20分位前。「日付はどちらになりますかね?」と聞いたら、「微妙!でも、明日かな」とのこと。

麻酔医は3名くらい。産科医は2名。後は看護師さんが数名。担当の産科医は少々遅れて入ってきました。
緊張で震えて、歯がガチガチしてきてしまいました。子どもが生まれてくるという緊張なのか、お腹を切る怖さか。看護師さんが「寒いですか?」と聞いて、寒くないと答えたのですが、何かどんどんあっためられて暑かったです。
麻酔を入れ、感覚が無くなっていることを確認。意識ははっきりです。触られている感じはあります。
途中からお腹が痛くなってきました。「お腹が痛いんですけど」と何度か訴えました。
また、「持ち上げて、違うよ、それは卵管だから・・・」などと担当医ともう一人の産科医のの声が聞こえたのがグロかったです。

担当医の「吸引するね」と言う声。「えー、帝王切開でも吸引とかあるの?」と内心驚きつつ、声も出せず。あっという間に周りから「おっきーーー」との声が。[たらーっ(汗)]
「はい、生まれたよー」と、担当医が私の顔とお腹の間のついたてを超えて赤ちゃんを私の上にかざしてくれたのですが、何か、液体がぼたぼた!と顔にかかって目をつむってしまっている間に「先生っ!」と看護師さんに押されてお腹の方に赤ちゃんは戻されてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

程なく赤ちゃんが私の顔の横に。看護師さんが抱っこして見せてくれました。
狂ったように泣いていて、真っ赤でした。唖然と見つめていると、「触ってもいいんですよ」と言われたので、手を延ばしてちょっとだけ体に触りましたが赤ちゃんは泣き狂っていて、私には全く気付いていない様子。何か嬉しく悲しく、お腹が痛く、オンオン泣いてしまいました。
そこで赤ちゃんとはお別れ。
お腹が痛いと訴えすぎたせいで?「少し眠りましょう」と何か麻酔を足されて夢うつつになってしまいました。

nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 1

コメント 14

みなみ

タイミングよく久しぶりにこちらをのぞいたら更新されていてびっくり!
それにしても、大変でしたね…。
というか、担当医のご主人への言葉。それはご主人も気が遠くなるでしょうに!もうちょっと言葉は選んでくださいよ!

私は予定帝王切開だったので、手術室へ向かうまではチョー余裕でしたが、いざ手術台に乗って麻酔が効き始めたらパニックになりました。
下半身、微妙に感覚が残ってるのに動かせない!っていうのが、頭で理解できていても受け入れることができず「助けて!怖い怖い!」と叫んでました(汗)
麻酔医に「お母さんになる人が何言ってるの!しっかりしなさい」と一喝されて、なんとか現実?にもどってこれましたが…。

おっきー、といわれた経緯もなんとなく似てますね。
私は担当医から「むちむちしてます」といわれました。

メガネ、だめだったんですね。
私は、手術室まではかけていて、手術中ははずされましたが、ご対面のときだけかけてもらいました。
看護師さんか手術スタッフのひとりがどうも新人さんらしくて、赤ちゃんが生まれた直後メガネをかけようとしてくださって、ベテランさんに「まだ早いでしょ」とか注意されてて、なんか笑いました。

わずか1か月半前のことなのに、もうす~~~っごく前のことのように感じます。
まだ外出もあまりできないので、なんだか日にちの感覚がなくなってます。
桜が散る、というのがどうにも信じられず…。
私の感覚では、外気はまだ寒風が吹き荒れてるのに!
by みなみ (2015-04-06 18:32) 

kesera

みなみさん、こんにちは。

更新しても、見ている人いないかもな、と思いつつアップしたので、素早いコメント嬉しかったです。
生むとこまで何とか書かなくては気持ちが悪いと、自分本位に分かりにくい文章だったのに、ありがとうございます。

麻酔かかる時にパニックになる感じ、分かります。表現しようのない混乱した気持ちになりますね。
私は気を失うタイプの麻酔の時、いつも最後の記憶がパニック気味に「気分が悪くなりました」と大声だしてます。怖いですよね。

メガネ担当の新人さん、メガネかけさせてあげなくちゃって、緊張して待っていたんでしょうね。ほほえましい。

みなみさんは寒風吹き荒れてるんですんね。
私の時は、まだ暑さが残っていたのに、赤ちゃんを外に出す時には寒くなっていて、着せるものがなくて慌ててネット注文しましたよ。
分かります。時間が止まってしまいますよね。
by kesera (2015-04-06 23:57) 

みなみ

keseraさん、こんにちは♪
さっそくの返信ありがとうございます

気を失うタイプの麻酔、私は一回だけしか経験がないのですが、数を数えられてる途中で記憶がなくなり、次は病室のベッドの上でしたね~。
硬膜外麻酔の影響か、(2月だったのに)暑くて汗だーだーかいてて、おなかもかゆくて
「暑い暑い」「かゆいかゆい」といってましたね。
半身麻酔もいやだけど、全身麻酔ももう二度としたくないですね。

>「気分が悪くなりました」と大声で
…いいと思います。気分悪いんだもの!(笑)

こちらで質問させてもらっていいのかどうなのか、ですが…
keseraさんは、母乳外来に通ってらっしゃるんですか?産院の、ですか?
私、帝王切開だったので母乳の出が遅く、しかものんきにかまえすぎていて、結局ほとんど出ていないんです。
1ヵ月健診で「のんびりしすぎ」といわれ、あわてて助産師さんにきてもらってケアをしてもらってはいるのですが、それでも多少の改善はみられますが、なかなか(汗)
もう遅いのかなぁ~…

by みなみ (2015-04-10 12:01) 

kesera

みなみさん、こんにちは。

早速母乳外来のお話させてもらいます。
実は、母乳に関しては出ないことがショックで、いつかちゃんと一つ記事をと思っているのですが、まだ書けそうにないのでこちらにみなみさん宛に書きますね。

産んだ大学病院は入院中からあまり母乳のことはタッチせずでした。
私も1ヶ月健診で火が付き、ネットで調べたら産んだ病院も母乳外来を謳っていましたが、実際に申し込もうと思ったらなかなか話が進まず、実は看板あげているだけで実働はしていないことが分かりました。
なので、今通っているのは別の総合病院の母乳外来です。ネットで調べて徒歩で通えるところを見つけました。

でも、現実は、おっぱいのケアはほとんど無く、赤ちゃんの体重を測ってはミルクの量と回数をアドバイスしてくれるだけという感じ。今(6ヶ月)はもう母乳は諦めて離乳食頑張りましょうという感じです。
120ml×7回くらい/1日で、ほぼ完全ミルクです。

私が求めていたのは神の手的な手業で乳腺開通!おっぱいマッサージ的なものだったのですが、とうとうそういった方には出会うことはできず。
大分多くの助産師さんと話しましたが、たどり着けませんでした。
話を総合するに、1.やはり最初の1週間がキモだった。2.本気で産後1ヶ月から完全母乳にするには1日20回の授乳も辞さない覚悟が必要3.出ないおっぱい出せとは無理な話
そんな感じで結構傷つき、時間ばかり過ぎてしまった、という感じです。

お力になれず、ごめんなさい。

ちなみに私は1ヶ月健診の段階ではミルク80〜90を1日7回くらい。
2ヶ月くらいで今の母乳外来の指示を受け、70を7〜8回/1日くらいまで減らして4ヶ月まで頑張りましたが、そこから赤ちゃんの体重が増えなくなり迷走。
5ヶ月過ぎてやっと決心が付き、ミルクをガッツリ増やしました。
母乳は最初から今まで左右各3箇所位からしか出ていません。飛ぶ感じではあります。

みなみさんの助産師さんはマッサージとかしてくださる方ですか?
出るといいですね。出したい気持ち、すごく良く分かります。
私はあまり母乳にはこだわっていないつもりだったのですが、最初に何もしなかったので、「何かしていれば出たんじゃないか」という気持ちが募り、どんどん母乳が出ないことが心の中で大きくなってしまいました。
今となっては最初頑張れば出ていたのか・・は謎です。次があったら・・と、40超えてるのに考えてしまいます^^;
個人的にはおっぱいが出るというお茶を飲んだり、おっぱいをあっためたり、おっぱいが出るという体操(肩こりをほぐすようなもの)をしたり、鍋を食べたりしまくりました。

6ヶ月になって思うことは、3ヶ月まで頑張って無理だったらスパッとミルク中心に移してしまっても良かったなと。ただ出るかもしれないとすがりついて、あの時は決心できなかった。
ミルクたっぷりにしたら、赤ちゃんの機嫌も良くなってきた気がします。赤ちゃんの幸せが目的ですもの。
3ヶ月というのは、聞いた話ですが、3ヶ月までは母乳の栄養は大事だけれど、それ以降は免疫をつけるという意味ではミルクとの差は無くなるそうです。(産科医の話)

本当に健闘を祈ります。
もしたくさん出てきたら、ぜひ、どんな感じだったのか教えてください!次回の参考にしたいです^^;

by kesera (2015-04-10 15:13) 

みなみ

keseraさん、こんにちは!

さっそくのご返信、めっちゃ丁寧にありがとうございますm(_ _)m
お力になれず、なんていわないでくださいね。
すごくすごく参考になりました…というか
「う。同じだ…」という感じです(^^;

産院も、助産師さんによって対応がちょっと違っていて、1ヵ月健診で担当してくれた助産師さんのように、「いそがなきゃダメ!」的なことを、入院中にいってもらっていたらよかったのにな、とここはすごく後悔です。
1ヵ月健診で、いろいろきいてから助産師さんや母乳外来を探して通えばいいや、とのんきにかまえていたのですよね~。
1ヵ月健診までは実家(愛知)に里帰りしていたし。
確かに、里帰り中に近所の助産院とか探して母乳の状態をみてもらえるならみてもらってくださいね、とはいわれましたが、そこ、もっと強くいっといてくださいよ!という感じです。
(受け取り側(私)の問題でもあるのでしょうけれど)

今、来ていただいている助産師さんは、マッサージしてくれますが、どちらかというと私のガス抜き相手がメインになってるような感じですね。
(私が「母乳の意味って何?」とかもういっぱいいっぱいになってしまったし、頑張りたいのに乳首は切れていたいしもう毎日泣いていたもので、ゆる~くいきましょう、といってくださってます)
keseraさんがおっしゃる「神の手的な」感じではないです。
まさに私も、神の手的なマッサージ、期待してました。
でも…桶谷式に通うほどの覚悟もなく、まぁ、こんなもんかな、とあきらめつつでも往生際悪くって感じです。

本当に、1ヵ月までになにか手を打っていたら、というのが後悔です。
が、今来てくださっている助産師さんは
「そのころにご相談されていたら、遠回しに『ダメですね』といっていたかもしれませんよ」といわれました。
確かに、ようやくまともに吸えるようになったのが、うちの子の場合、ほぼ1ヵ月たってからだったので。
それまでは、マッサージして乳首ににじんだ母乳をなめておわり、という感じで、「吸い付く」というのが全然できなかったのです。

ミルクの量を減らして、体重が増えなくて…という迷走ぶりも同じ。
私は、すでに120ml×7回あげてます。夜なんか140mlあげるときも。(ちなみに体重は5kgを超えました)
1ヵ月健診のときですでに120ml飲んでましたから、飲ませすぎだったのかもしれません。
一度、90mlまで減らしたら、体重増えなくなっちゃいました。

私も、母乳には全然こだわっていないつもりでした。
でも、なんとなく出るんじゃないかな~、と甘いこと考えていたんですよね。
そして、姉にいわれたのですが
「アンタ、こだわってないっていいながら、めちゃめちゃこだわってんじゃん!」…と(汗)

結局体重計をかりて、ぼちぼちはかっていますが
1回につきせいぜい20gしかでていません。
助産師さんは、「残念ながら、改善されてるわよ」とおしゃいます。
私がいっぱいいっぱいだから、むしろ「もうあきらめたら?」といってあげたいような、とおっしゃってました。
今後、爆発的にでることはないのでしょうが、ちびちびと飲ませるか、どこで決断するか考えてしまいます。
入院前に「出産準備リスト」にあった母乳パッドを使う日はくるのだろうか…?
あふれて服がぬれる、ってどんな感覚なんでしょうか…?
うう~。

また、ぼちぼちにご報告します。
本当にありがとうございました。
by みなみ (2015-04-13 11:22) 

kesera

みなみさん、こんにちは。

本当によく似た感じで、苦笑いしちゃいますね。勝手に親近感湧きまくりです。

私はの場合ですが、1ヶ月までの段階で頑張れば出たのかはかなり怪しかったと、今は思っています。
見込み薄な上に、私のくたびれ具合を見て、どの助産師さんも母乳を推して来なかったのかもしれません。
退院するまでは退院を伸ばされる程貧血で、退院後の産褥入院でも1週間は食欲も湧かずご飯をほとんど残し、会う人会う人に「顔色が白い」と言われていました。
3ヶ月まではヘロヘロだったので、頻回授乳なんて出来なかったかもしれません。

と、今は自分を納得させています。
今はミルクの前や後、眠る時などに、量としてでは無く、気持ち的におっぱいしています。赤ちゃんも食としては足りないけれど、おっぱいは欲しいみたいなので。私も「赤ちゃんにおっぱい吸わせてる自分」に気持ちが落ち着くので、ウィンウィンです^ ^
by kesera (2015-04-15 13:39) 

ごますけ

keseraさん こんにちは

以前にカキコミをさせていただいたごますけです。

ちょくちょく拝見させていただいていたのですがおめでとう!を言うタイミングを逃してしまった〜!と思っていました。

ふらっと立ち寄ったら更新されていてうれしいです!

そして、ご出産おめでとうございます!お子さんも大きくなっていることでしょうね。

こちらのブログを読ませていただきながら私の所にも早く赤ちゃんが来てくれたらいいなぁ〜と思っています。
by ごますけ (2015-04-16 17:35) 

kesera

ごますけさん!お久しぶりです。こんにちは(^o^)
またコメントいただけて嬉しいです。また、おめでとうをありがとうございます。
あの時もごますけさんのやさしいコメントに助けられてました。今回もとっても嬉しいです。

赤ちゃんたちはどうしてこうも気まぐれなんでしょうね。ごますけさんのところにも赤ちゃん、早く遊びに行きなさい!

私も2年かかってしまいましたが、来る時は突然にでした。今の暮らしを存分に楽しんで下さいね。身動きが取れなくなった今、存分に楽しんできた時間は必要だったんだなぁ、って思っています。
ごますけさんが早くごますけさんの赤ちゃんに会えますように。心から願います。

また、よろしくお願いします。
本当に嬉しかったです。

by kesera (2015-04-17 09:32) 

ごますけ

keseraさん

早速のご返信ありがとうございます。
あたたかいお言葉、とってもうれしかったです。

実は1年ほど前に主人の仕事で海外に引っ越しをしました。その際に仕事も辞め、今はノンストレスなのんびりライフを送っています。

数年後には日本に戻るのですがこののんびりした環境にいるうちにベビーさんが来てくれたらいいなぁと思っています。ふふ。

私もいつかkeseraさんにうれしい報告ができるように無理せず、体の準備をしておきます!

育児でお忙しいと思いますが時折ご様子が聞けたらうれしいです☆
by ごますけ (2015-04-22 16:46) 

プクちゃん

keseraさん

こんにちは^_^
大変だったんですね。私は予定帝王切開だったので、事前に麻酔やらいろいろ説明を受けていましたが、
突然だと、緊張するし、怖いですよね。

私は、麻酔注射が1番怖かったです。
今まで経験した事がない、なんともいえない感覚で、気持ち悪かったです。

手術中は、医師達が割と和やかに世間話っぽいことも話していて、なんか変な気分でした。

それにしても、帝王切開で吸引することがあるんですね、ビックリしました。

私は、赤ちゃんを顔のそばに連れてこられた時、お腹から出てきたばかりで、赤ちゃんの顔が浮腫んでいたため、なんか、ブチャイクだなと思ったのを覚えてます[ウッシッシ]
by プクちゃん (2015-04-24 18:08) 

kesera

ごますけさん、こんにちは。

うっひょー!うらやましい。海外生活。
いや、引っ越しとか、文化の違いとか、現実には色々と大変だと思いますよ。ただ、一度でいいから海外で生活してみたかった〜。
アラサーの頃、結婚は諦め、ある国に履歴書を送ったりしましたが、無謀だったな〜。

素敵な経験ですね。
海外生活がストレスになるどころか、のんびりライフ、最高です。帰国が決まっているのもいいですよね。
存分にのびのびして楽しまれてくださいね。「あー、楽しかった」って思い出をたくさん作って下さい。
そこにあかちゃんが来たらこの上ないですね!

ところで、育児ブログもつけています。もし良かったら。
http://massaranati.blog.so-net.ne.jp

でも、こちらは赤ちゃんが来る前の自分に戻れると言うか、頑張った頃の思い出と言うか、何か別物で、思入れもありたまにのぞいています。
こちらでまったり掲示板のように会話するのもいいですね。

またよろしくお願いしますね。
素敵な報告も待っていますが、海外生活の楽しい話も聞きたいな。
by kesera (2015-04-24 18:39) 

kesera

プクちゃんさん、こんばんは。お元気ですか?

本当に麻酔注射はなんとも言えず気持ち悪いけれど、仕方ないですね。

吸引があるなんて驚きでしょう?
後でも医師にびっくりしたと言ったら、大きく切れば出たけど、なるべく傷は小さい方がいいからさ、って言ってました。あー怖かった。
赤ちゃんの頭は大分落ち着きましたが、結構そら豆っぽく変形していたのは吸引のせいではないかと疑っています^^;

赤ちゃん、うちもむくんでました。目が腫れすぎてしばらく(数日)開いたのを見たことがなく心配したものです。
by kesera (2015-04-24 22:05) 

pian

Keseraさん、おひさしぶりです。
以前何度か書き込ませていただきましたが、この度無事に出産しました。

Keseraさんとは同じ不育症ということで、こちらのブログを見て勝手に自分を励ましてやってきました。

妊娠中は青くなることを医者にいっぱい言われましたが、元気に産まれました。
ありがとうございました。
by pian (2015-07-09 15:02) 

kesera

pianさん、おめでとうございます*\(^o^)/*

どうしたかしら、と思っていました。良かったー!!
妊娠期間も大変だったと思います。私たち、頑張りましたよね^ ^
今も大変だと思います。一緒に頑張りましょう。

元気が一番。元気な赤ちゃん、本当におめでとうございます。

報告してくださって、どうもありがとうございました。嬉しいです。
by kesera (2015-07-14 20:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。