So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠を考えたのが遅いよ~ [雑感]

結婚も遅かったが、その後「妊娠なんてまだまだ先。やりたいことがありすぎる~。」なんてやってたのが、そもそもの始まりだ。

最初は妊娠しないようにしていたし、その後は「妊娠すれば産む、しなきゃそれはそれで別にいいから。」という考えで、特に何の努力もしていなかった。そして、絶対的に「なかよし」の回数も少なかった。

昨年あたりから、駆け込み・・・と言うか、最後のチャンスとばかりに出産する友人が増え始めた。
私は、「もう、この歳になったらいいかなぁ」とか、「きっともう産める歳じゃないのかもなぁ」などと思っていたので、この歳で周りがバンバン産み出したのには正直驚きだった。
そして今年の年賀状。「生まれました」写真の多いこと多いこと!
何か、それに触発されて・・「私もまだチャンスあるのかな?」と思い始めた。
遅ればせながら情報を集めてみると、アラフォーの出産はかなり多いらしい。

体外受精を実らせたばかりの臨月の友人と食事をしたときに、「大丈夫だよ!行け行け!がんばれ!」とその気にさせてもらい。かつ、彼女が余ったからあげるとくれた排卵検査薬を使ってみた。
と、同時に、ちょうど年に一度受けている子宮ガン検診をうけるタイミングになり、近所の婦人科でちょっと聞いてみると、「じゃあ、不妊の検査してみる?」と話がとんとんと進み、血液検査→通水検査(そこは卵管造影の施設がなかったため)→フーナーテストまでやってみると、特に異常もなかった。
特に異常もないけれど、これまでできなかったし、歳も歳だからタイミングから始めてみる?と先生に言われたものの、まだこの時点でも「治療してまで妊娠を強く望んではいない」という気持ちは変わらなかったので、ひとまず排卵検査薬もたくさんあるし、自分でがんばってみます。と言う矢先、前回の妊娠をした。

あっけなさに驚いた。
これまでまったく妊娠することなく来たのに・・・・恐るべし、排卵検査薬。やっぱりすべてはタイミングだったのねー。
楽勝じゃーん!と思っていた矢先の流産。
やはり、妊娠は楽勝だったものの、妊娠の維持はそう簡単なものではないと実感。

一度妊娠できてみて、「妊娠したい」という気持ちが強まった。
ひとまずは、治療はまだ気が進まないので(そうしているうちにまたタイミングを逃すのが私の人生(汗))、また残りの排卵検査薬でチャレンジしてみる予定です。
今のところ、排卵検査薬は真っ白。
基礎体温もまだ安定しないし、今期は厳しいのかな~。

稽留流産後の妊娠について考える [妊娠待ち]

稽留流産処置を決めて、じきに気になり始めたのは、次の妊娠はいつから可能なのか?ということ。
若ければいつまでも待つけれど、この歳になるとそうも言っていられない。ひと月ひと月が貴重なのだ。正直言って焦っているのだ。

インターネットの情報では、2~3回程度生理を見てから・・という話が多いように感じる。半年というのも結構よく見た。

実際、私が稽留流産を告白すると、結構な割合で「私も」という人が現れた中で、その後妊娠をしている人は99%。その後いつごろ妊娠したかを話してくれた人の話を聞いていると、ほとんどが1年以内に妊娠しているようだ。
つまりは、稽留流産後は妊娠しやすいことはあっても、しにくくなることはないようだ。
ある人が言うには、漢方の考えでは、稽留流産は妊娠の準備段階に起こることだから、その後は妊娠しやすい・・という事になっているらしい。いい話じゃないですか!

ちなみに、一度の生理を見ることもなくすぐに妊娠したという心強い友人もいた。その子は元気に小学生になっている。
その友人いわく、「病院から何の指導もなかったから何も考えなかった」。
あーー、小心者で何でもネットで調べては不安を膨らます私。少しは友人のおおらかさを分けてもらいたいわ。

現実は、処置後担当医から「1回生理を見たら次の妊娠考えていいですよ」といわれた私。
特に不妊治療をしてきていないので、今回もまた、自己流でタイミングをみてトライしてみたいと思ってます。
もうしばらくしたら、基礎体温で様子を見ながら、排卵検査薬でタイミングを計ってみたいと思います。

術後初生理キター\(^o^)/ [流産後の生理]

繋留流産処置後、おなかの痛みや出血が収まった後、もっぱらの心配事は、「次の生理はちゃんと来るのか」だった。

もしや、このまま生理が終わってしまって、妊娠不可になってしまったら・・・。
いつまでも生理が戻らずに、いつまでも気をもむんじゃないかしら・・・・。
どのくらい生理がこなかったら病院に行くべきなんだろう・・・。

そんな心配も、これでおさらば。
来てみれば28日周期で来たという、とても優秀な結果。取り越し苦労しちゃった。
いつもの生理と比べると、量が多い。かなり多い。5割増しくらい。
普段は布ナプキンだった私も、洗濯が間に合わず断念。普通のナプキン・・それも、「多い日の夜用」なんて、今まで買ったこともないようなビッグなのを購入。
でも、これでストレスなく安心してすごせるわ。
また、普段の生理と同じく、量が多いながらも3日目過ぎたら大分収まってきました。

しかし、処置後1週間くらいからつけ始めた基礎体温は惨憺たるもの。これまでかなりくっきりと低温期と高温期が分かれていたのが、今回はかなりあいまい。
まぁ、これも時間が経てば落ち着くことを期待。

いろいろな場合があるようだけれど、私の場合、生理が一回きたらまた妊娠可能ですと言われているので、またはりきって妊活生活を始めよう!

乳がん検診結果 [妊娠待ち]

先日マンモグラフィー&超音波検査をしてきた結果を聞きに、病院へ行ってきました。

最初に異常が見つかった検診から2年近くが経ち、本日とうとう、「今後は自治体の検診(2年に1度)で様子を見るだけにしましょう。」とのお言葉をいただきました。

30になった年から、自治体の検診のお知らせが届くようになり、近所のクリニックで乳がん検診を2年に1度受けてきました。
近所のクリニックではマンモグラフィーの施設がなかったのと、そこの先生が「40まではマンモはしなくてもいい。」という考えだったので、ずっと超音波だけの検診だったのですが、前回のお知らせはがきに千円でマンモも受けられるという記述があり、気まぐれで、マンモの施設のある今までとは別のクリニックで検診を受けました。
結局マンモグラフィーでは何も見つからなかったのですが、そこの超音波で見つかったあやしいモノ。

当時「要経過観察」と言われたときはものすごくものすごく心配になったけれど、その後はそれほどでもなくなり・・・けれども、いつも何となく気になっているという状態ですっきりしなかった。
しかし!これですっきり!今日で気分を切り替えられます!!

ちなみに、子宮ガン検診も2年に一度の自治体の検診に加え、自治体の検診がない年は自費で受けています。何度か2次検査となったけれど、問題なく来ています。
初めて妊娠した時、その初検診の1ヶ月前に子宮ガン検診を受けていたので、妊娠したときに受ける子宮ガン検診は免除でした。
子宮ガン検診を受けていれば、妊娠の妨げになり得る子宮筋腫や卵巣のう腫の早期発見治療にもつながるとのことなので、受けているに越したことはないなぁ、と思います。

流産手術の保険 医療保険について考える [初めての妊娠→稽留流産]

稽留流産の掻爬手術は、実時間10分程度のものとは言え、治療に必要な行為のため、健康保険が使えます。
私の場合、前日からの入院もあり、それも含めこの処置にかかった金額は3万円ちょっとでした。意外に安い。入院費や処置も、病院によって違いもあるのかもしれません。

また今回、初めて医療保険を請求する機会になりました。
結局十数万円支払われる結果になり、先日振り込まれました。
何となーく、内容を理解することも無く保険料支払い続けていた私だったけれど、今回必要に迫られて医療保険について考えることになりました。

保険金請求から入金までは簡単なもので、電話で保険会社に連絡をして、書類を取り寄せます。自分で記入する書類一枚。病院に記入してもらう書類一枚。病院の分は手術の日に病院に渡したら、10日後くらいの最初の診察日に受け取ることができました。2枚をあわせて保険会社に返送すれば、数日後に入金されます。

今回分かったこと。
当たり前だけれど、保険会社はこちらからアクションしないと向こうからは動いてくれない。
電話をしたら親切に教えてくれて、資料もすぐに送付してくれたけれど。
私の契約では1泊入院では入院保険の適用外なので、手術に対してのみの請求しかできないと言われ、言われるがままに病院に書類を頼んだ。後日、契約書を熟読していると、訳分からないながらも「この特約で1泊入院でも適用されるんじゃないの?」と疑問を持ち、その件を保険会社に電話したら、適用だった!もらい損ねるところだったよぅ。
そして、たまたま病院に頼んだ手術の書類に、担当の先生が、入院し前日からの処置の件を書いてくれていたので、その書類で済んだけれど、実はこの書類、病院で¥6,000ーかかるので、もしこれ、もう一枚取り直し・・・なんてことになったら。ねぇ。
そういうことで、保険はしっかり理解をして、もらえるものを自分から請求しないといけないということが分かりました。

そして、よく考えもせずに10年ほど前に入り、入りっぱなしにしていた保険。見直すべきかも。
昔の保険は、入院5目からしか保険金がでないとかざらにあって、それで請求できない保険が私も1件ありました。
今時5泊も入院する病気って相当だから、確率的にほとんどない気がする。
だからと言って、1日目から¥5,000-とかほんの少しだけ出るのもどうかな?病院に書類を頼むと結局¥6,000-かかるわけだし。¥5,000ーもらうために¥6,000-払ったら足が出ちゃう。
すこし勉強して、保険は入り直す方向で考えたい。
ただ、ちょっと調べてみたら、妊娠すると入れないという保険が意外と多い。また、保険に入ってすぐの手術や入院は支払われない場合が多いので、今の保険と新しい保険との入退のタイミングも考えなくては・・・。
ちょっくら、じっくりと考えて見なくては。





乳がん検診 マンモ&超音波 [妊娠待ち]

予告どおり、乳がん検診に行ってきました。
数年前から半年ごとに経過観察中です。

私がかかっているクリニックでは、妊娠中はもちろん、授乳中の検診はできないと言うことなので、なるべく妊娠ぎりぎりで受けておきたいなぁ、と思います。
まぁ、本当にあやしい状態になればそうも言っていられないのだろうし、超音波もあるから、妊娠中でも検査はできるのだろうと思うけれど。

まず呼ばれたのは超音波。
薄暗い部屋で、女性の技師さんに診てもらう。
ジェルを塗りたくってグリグリされているときにふと思った。男性の技師さんもいるのかしら?
検査が終わるタイミングで、聞いてみた。
私「男性の技師さんもいるんですか?」
技師「ここには女性しかいません。」
私「世の中にはいるんですね?」
技師「たくさんいますよ。」

まぁ、そうだろうな。
でもあの薄暗い空間で二人きりでのあの検査は微妙だなぁ。いい歳して、変な恥じらいを持ってしまいました。まぁ、ここにはいないって言うし、いいんだけど。

そして次はマンモグラフィー。
これ、初めて受けるとき本当に本当に怖かった。前評判が・・・。みんなが口をそろえて「ちょーーーーー痛い。」って言うし、いざやるとなったら技師さんが、「痛くて具合が悪くなったら無理せずにおっしゃってください。」なんて言うし、本当にビクビクだった。
しかし、案ずるより生むが易し。実際はぜーーーんぜん痛くなかった。
技師さんが、「ごめんなさいね、あとちょっと挟みます。ごめんなさいね。」とあまりに謝って、走るようにして急いでくれるので、「いえいえ、もっと締めて大丈夫ですよ。」と言うと、「十分撮れるくらい締めてます。」と言われてしまったくらい(汗)。

なので、今回も全くびびることなく挑んだのだが・・・今回は結構痛かった。がっちり挟まれた。
太ったのが原因か、何かお腹のほうまで挟まってた。
まぁ、これでがんを早期発見できるなら、おやすい御用よ。

結果はまた後日。
くよくよしてもしょうがないので、気にしないで過ごそう。



『40歳!妊娠日記』大田垣晴子著 を立ち読む [雑感]

今回の妊娠は、最初から危なげだったので、どうしても言わなければしょうがない場合を除いてはできる限り人には言わずに過ごしてきた。
親にも言うつもりは無かったのだけれど、いざ処置入院と言うことになった時、入院の誓約書に、夫以外にもう一名の署名がいるということになり、土壇場で自分の母に電話した。

私「あさって入院して次の日に手術することになってね。」
母「乳がん?」
私「いやいや、そんなに大したことじゃないんだけどね。妊娠したら育たなくて。」
母「あんた、子供ほしかったの?!」

がくーーーーーー。
確かに、私、子供はいる人生もあり、いない人生もありと考えているし、結婚してから相当子供のいない生活をしていたけどね。歳も歳だけどね。

まあ、同情されたり、過剰な心配をされることなく、今思えばこんな対応で救われたのかも。

母「いいよ。署名でも何でもするよ。」
私「悪いね。」
母「ところで、来週の○曜日にアウトレット買い物に行くんだけど、行ける?」
私「いや、私買いたいものないし、あえて来週ってのはやめとくわ。」

そんな母と後日本屋で待ち合わせをした時に、先に着いていた母が立ち読みしていたのが大田垣晴子著『40歳!妊娠日記』。
母「あなたとおんなじ人のマンガだよ。」「結構いるんだね。聞いたこと無かったけど。」
母の最大級の私への心配りだったのかも。
また後日、私も立ち読みしてみた。買わずにごめんなさい。

パラパラ読んだところ、2度の流産を経ての出産までの日々を記した著者の絵日記をそのまま出版したもののようだ。
1度目の稽流流産の話はほとんど触れずに、次の完全流産する妊娠に気がついたところからが始まり。

その中で、著者が流産の報告をすると、結構な数の友人から自分も流産の経験があるとカミングアウトされたという場面がある。
実際私も全く同じ経験をした。
そう多くの人に言ったわけではないけれど、かなりの確立で「私も」という実際の経験者がいたし、同世代の多くは100%「知り合い」が同じような経験をしていた。
ただ、母親世代の人はみんな「聞いたことが無い」という反応だった。
昔は超音波も無かったらしいし、お腹にラッパみたいのを当てて心音を確認したって言うから、知らない間に・・・ってのがあるんだろうな。または、近年になって流産が多くなったのか?
それは分からないけれど、これだけ多くの人が経験していると言うのは意外な発見でした。

この本、流産のあたりだけパラパラ読みして、その後の妊娠~出産までは実は読みませんでした。何となく。
今度、妊娠ができた時には、先も読んでみたいな、って思います。

処置後の体温と胸 [初めての妊娠→稽留流産]

稽留流産決定後も体温がぜんぜん下がらなかった。
体温が下がらないから期待しちゃったけれど、そういう人も多いらしい。
同じく胸もパンパンで痛い状態のままだった。

処置後、どんな感じなのかなぁ、と思っていたけれど、しばらくは体温は面倒で測っていなかった。
1週間位してふと体温を測ってみるとすっかり低温になっていた。と同時に、気づいたら胸の張りも治まっていた。
ちょっと寂しい気もしたけれど、どんどんまた体調が元に戻って、次の妊娠に近づけていると思うと嬉しくもあった。

そう言えば、妊娠が分かってからすぐ、ちょっとした坂道とかでものすごく息が切れたり疲れたりしていたのも無くなった。やっぱりアレは妊娠特有の何かだったんだろうか。日常生活が非常に楽になった。だって、何か高地で生活しているようだったから。

体温は排卵期になったらちゃんと上がるのかしら?そしてちゃんと生理は始まるのかしら?心配はいろいろあるけれど、心配してても、そのときにならなければどうにもできないし、できるだけ気にしないように頑張ります!

次の妊娠までにしておきたいこと 乳がん検診 [妊娠待ち]

妊娠してみたら、いろいろ、やっとくべきだった!ってことがあった。
ダイエットもそうだけれど、一番しまった!と思ったのが乳がん検診。

実は以前乳がん検診で引っかかってしまい、その後「要経過観察」ということで、半年にいっぺん超音波またはマンモで検診を受けている。

初め引っかかったときは生きた心地がしなくて、すがる思いで二次検査を受けたのだけれど、「要経過観察。また半年後。」ってのが数回続くと、喉もと過ぎれば何とやらで、だんだん半年が7ヶ月になり、8ヶ月になり・・・・と伸ばし伸ばしになっていき、とうとう「やば、1年近く行ってないわ」てなことになっていた。
それには言い訳もあって、妊娠を望むようになってから、やっぱりもしや妊娠していた場合を考えると、マンモを受けるのは生理中~排卵までがいいなぁ、などと思いはじめたのだけれど、ぴったりぴったりと来るほうでもなく、病院の予約もひと月くらい先の予約しかできず、タイミングが難しいなぁ、何だか面倒だなぁ・・・となっていってしまったのだ。

ちなみに、妊娠待ちの時に産婦人科の先生に聞いたことがあるのだけれど、「妊娠が分かるまではマンモくらい受けちゃって大丈夫。」とのことだったので、まぁ、そんなものなのかも。

稽留流産手術から間もなくで乳がん検診が受けられるかは分からないけれど、まぁ、週が明けたら乳腺科の先生に聞いてみよう。
さっさ、さっさ、とことを進めるのだ。だって、またすぐに妊娠しちゃうかも知れないんだもん。

体力回復作戦 ウォーキング [妊娠待ち]

さて、いつまでも嘆いたり、だらけたりしていても仕方ないので、気持ちを入れ替え、また次の妊娠に向けて頑張りたいと思う。

そもそも、私は太りすぎていて、妊娠が分かる直前も、ダイエットについて考えていた。
せめて、パンツはMをはきたい!(汗)いや、Lをゆったりとはけるようになりたい!(涙)
しかし、苦しいダイエットは嫌だ!
そんな私が妊娠がわかる1ヶ月くらい前からはじめていたのが『はかるだけダイエット』。計るだけで痩せるというアレだ。
しかしまぁ、計るだけでは痩せないね。やっぱり。当然。これじゃあしょうがなさ過ぎるわ・・・と思った矢先の妊娠で、次の「運動」に移るタイミングを逃してしまった。
そうだ、今だ!今始めよう!!
だって、またすぐにでも妊娠しちゃうかもしれないんだもん!

とは言え、まだお風呂がダメだと言うので、プールはもってのほかだろう。
妊娠前に考えていたスポーツクラブ入会は後回しだ。

ひとまず、「はかるだけ」を始めてみた(汗汗)。
妊娠前と全く体重変わらず・・・。そりゃあそうか。
見てろよ!この棒グラフを地の底這わせてやる!!!(←どうやって??)

突然ガンガン運動するのもどうかと思うし・・・完全な言い訳を振りかざし、いざ、ウォーキングに出発。散歩じゃないよ。ウォーキングだよ。
午前中に出発してみた。すると、いるわいるわ・・・きれいなお姉さん~おじいさんまで。走ったり、歩いたり、みーーんなかっこいいかっこして運動しているわ。私ももうちょっと痩せたらかっこいい「美ジョガー」ルックを買おう。それまではジャージTシャツで我慢しよ。
だってLの美ジョガールックなんてかっこよくないもーん。
50分ぐらいウォーキングして帰ってきたら、汗だく。Lパンツもはきかえるほど。そしてぐったり疲れて、昼寝しちゃった。起きたら何だかお尻と内腿がすでに筋肉痛。。。
先が思いやられるわ。
毎日続けられるようにしなくちゃな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。