So-net無料ブログ作成
検索選択

術後2度目の生理迎える [流産後の生理]

術後2回目の生理になった。
今回も妊娠チャレンジはしていて、自分的に結構うまくタイミングが取れたと思っていたので、残念と言えば残念だったのだけれど、結果的には生理がきてちょっとほっとした。

と言うのも、生理予定日くらいまでは「生理来るな、生理来るな」と思っていて、予定日から2~3日後までは生理が来ないことにわくわくしていた。
しかし、妊娠検査薬をフライングして陰性が出て、ここで陽性が出なければ妊娠は絶対無いなというタイミングでもまた陰性が出て、それでもまだ生理が来ない!
そうなったら、もう、体の調子がおかしいんじゃないか、生理がこのまま終わっちゃうんじゃないか、と得意のマイナス妄想で暴走。「生理こい、生理こい」と思っていた。だから、来たときには結構ほっとした。

1回目の生理が結構順調に来たのでいい気分になって、2回目の生理なんて当然順調に来ると思い込んでいた。
でもやっぱりちょっと本調子じゃないんだな。
結局は35日という、これまでの最長記録を更新して、生理が来た。

生理の様子もいつもと違う。
生理になる2~3日前から、下腹部痛がかなりあった。周期的に、ちょっとうなっちゃうくらい痛くなる・・という痛み方が術後の2~3日目を彷彿とさせるものがあった。

そして、1日目は量はさほどでもなかったものの、生理痛がかなりひどく、下腹部から腿にかけて痛いし、腰も痛いし、夜も痛みで何度か目を覚ました。
2日目は病院行きも頭をよぎった。朝から量がものすごく多い。塊も結構出てくる。1回目の生理は重いというのはネットなどで目にしていたので覚悟はしていたけれど、2回目の生理は無防備だった。だから余計にショッキングだった。
3日目以降は、普段よりも量が多めながらも、徐々に落ち着いていった。

体温はいつもよりも降下が緩やか。じわじわと低温に移っていった。

このまま重い生理の人になっちゃうのかなー?
それてとも、じきに体調が整えば元通りな感じになっていくのかなー?
てか、早く生理なんて見ないで妊娠していた!って日が来るといいのだけどなー。

出産難民について [雑感]

近頃、東京近辺で産科が激減し、出産難民が出始めている、という話を聞くようになった。
東京23区内、神奈川埼玉の中心部が特に顕著だと聞いたこともある。
現実に、前回の初妊娠で5週後半に分娩予約をとった時も、私が申し込んだ大学病院は1日遅れでOUTと言われた。そこを何とかしてもらい、どうにか入れてもらったけれど、ちょっと危機感を持った。
それでも、本当に出産できなかったという人に会ったことがないので、結局は何とかなるんだろう。と思っていたけれど、何とかできなかった人・・・に初めて会った!

習い事で、妊婦さんにお会いした。
今後のために・・・と出産病院はどちらですか?と聞いてみた。
私とは住まいは離れていそうだったけれど、もし良い評判が聞ければ行って行けない距離ではないだろうなぁ・・・などと考えていた。しかし・・・・。
何と彼女は世田谷区内在住とのことなのだが、区内で出産できる病院を予約できず、当初予定のなかった里帰り出産することになってしまったと言うのだ。
とうとうでたか。
ちなみに、いつごろ出産病院を探したかと言えば、妊娠2ヶ月で探した、とおっしゃっていた。
2ヶ月・・・4週~7週かな?
4週は生理予定日の週だからそうそう気づく人は少ないだろうし・・・詳しく2ヶ月の何週だったかはお伺いしなかったけれど、私の前回の経験からすると、5週前半が勝負というところだろうか。

私の前回の病院の場合、事前に最終生理日を聞かれて、そこから換算した出産予定日の予約がいっぱいであれば診察を受ける前に、「分娩はできません」と言われた。
そもそも生理が28日周期できちんきちんと来る人であればそれでいいけれど、周期が長ければ普通の人が5週前半というところではまだ生理予定日にさえなってない場合もあるのでは?それに加えて生理周期が一定でなければ、多少遅れても気づかないだろうから、気づいたときには分娩予約は取れません・・・ということになるのでは?

私も生理周期が安定しているほうではないので、難しそうだなぁ。
少なくとも、出産したい病院は妊娠前から良く考えておいて、妊娠が発覚したら速やかに出産希望病院にコンタクトを取らねばならない・・そういう状況のようだ。
妊娠する前から、出産病院を探すなんて、まだできない妊娠に希望だけを膨らませてしまいそうで、なんだかつらい気もするけれど、仕方ないんだなぁ。

ちなみに私の場合、里帰り出産は選択肢にない。実家が妊婦を里帰りさせるような状況ではない。逃げ場はないんだよな。

2度目の生理遅れる→妊娠検査薬は陰性 [流産後の生理]

実は、2度目の生理・・・すなわち、流産後妊娠トライして初めての生理・・・が遅れている!

初めは正直、しょーーーじき期待が膨らみまくった。膨らんだ期待を抑えて抑えて・・・と言うのも、「その後駄目でした」となった時のショックを和らげるため・・・「いやいや、いきなりは無理でしょ」「そんなに簡単に妊娠しないって」と唱え続けてきたが、期待を抑えきれなくなった。

1回目のフライング妊娠検査薬は生理周期29日目。一応、『生理予定日2日前から使える』と謳っている、早期妊娠検査薬を使用するも、撃沈。真っ白白[バッド(下向き矢印)]

ちなみに、前回の妊娠の時は、26日目に同じ妊娠検査薬を使ってかなりうっすら・・心の目で見れば見えるといった薄さ・・だったけれど陽性を見て、28日目にうっっすら、30日目にうっすら、32日に薄めながらはっきりと陽性を見た。その後35日目(生理予定日約1週間後)に、一般的な『生理予定日1週間後から使えます』という妊娠検査薬で陽性が出た。

で、今回は1回目のフライングで真っ白だったものの、なんだか午前中気分が優れないし、いかん、いかんと思いながらも期待を膨らませた。
何とか2日我慢して、32日目。いくら何でもこれなら生理予定日2日前はクリアだろう。これで陽性が出なければ今回は残念でした。だな。と思いながらの結果待ち・・・真っ白[バッド(下向き矢印)]

その後もいったん軽く体温が下がったものの、基礎体温は高温期が続いている。
こうなると、心配性の私としては今度別の心配が頭をもたげてきた。
「もう生理がこないんじゃないか?」「手術後、やっぱりホルモンかなんかがおかしいんじゃないか?」「病院か?」
もう、「妊娠してるかな?期待しちゃいかん」なんて心配よりもずっと重症だ。
1週間待って生理が来なければもう一回妊娠検査薬してみよ。それでも妊娠もしてなく、生理も来なかったら・・・・[がく~(落胆した顔)]それはまたそのとき考えよう。

妊娠待ちと精神衛生 [妊娠待ち]

私はミステリーがものすごく好きだ。
小説、テレビドラマ、映画・・・・何でもいいのでミステリーをいつも探している。
ちなみにホラーも大好き。
ただ、謎解きや不思議な話が好きなだけで、スプラッタやショッキングなサスペンスがを求めているわけではない。
しかし、割とミステリーに衝撃的な死体や暴力はつきもので、これが悩みの種だ。

海外ドラマも良く見るのだけれど、好きなのは『Lost』『CSIシリーズ』『クリミナルマインド』『コールドケース』『ゴースト』などなど。(この流れで何かお勧めがあればぜひ教えてください!)
この中で例えると、精神衛生上ましなのは1位『ゴースト』惨殺シーンなどはほとんどない。たいていがハッピーエンド。2位『コールドケース』多少殺人シーンはあるものの、必要最低限。かつ、ジンとくる話が多い。3位『Lost』殺人がメインテーマではない。強いて4位は『CSIシリーズ』で、僅差で最下位は『クリミナルマインド』。
『CSIシリーズ』は本当にグロい解剖シーンが多い。「話の流れには不必要だろ!」と突っ込みたくなるような残酷映像が必要以上に多いので、きっとこういうシーンのファンが結構いるのだと思う。オエ。
『クリミナルマインド』は、その事件解決過程は一番大好きなのだけれど、何せ捜査対象がシリアルキラー中心の精神異常者なので、もう、そのやり方が残忍極まりない。ナンセンスでグロの極み。
一時猛烈にこれらのドラマはまっていた頃、とうとう私が『CSI:NY』の登場人物になり、ボスのゲイリー・シニーズに淡々と怒られている夢まで見た(汗)。なぜか彼は日本語ペラペラ。「失敗を隠すな。まずい報告ほど先にしろ。」と言われた(汗汗)。

興味のない人にはまったく分からない話を延々と綴ってしまったが、言いたいのは、きっとこういう心的ストレスを与えられるようなものは、妊娠中はもちろん、排卵や受精、着床にもきっといい影響はないんじゃないか、ということ。
前回の妊娠中、丁度こういったドラマを見まくっていた。その後残念な結果になったので、まぁ、関係ないとは思うけれど、次回は気をつけたいと思っている。

そんなこんなで心を新たにがんばっているのに、先日ひどい目にあった。
Youtubeを見ていたとき、お笑いの映像であるはずのものをクリックした瞬間、ものすごい大音量の叫び声とともに、めちゃくちゃになった女性の顔がドロドロとくずれていく。
私はあまりの驚きに数秒固まった後、胃がひっくり返り、いすから転げ落ちた。
私が転げ落ちた先で、寝転がって新聞を読んでいた夫まで、私のあまりの形相になんと叫びだしたから、初めて聞いた夫の叫び声に私も叫び、PCの中の女性も大音量で叫び続け、夜中に近所迷惑な大パニック。
こんな目にあったのは初めてで、数日本気でトラウマになった。
後日調べると、こういうのは精神的ブラクラとか呼ばれていて、よく言えば悪いいたずらであるということだ。よくあることらしい。
真剣に怒りがこみ上げる。
これで妊娠逃したらどうしてくれるんだよ!着床時期だったのに!!
安易なクリックは死を招くかもしれません。本当に心臓の弱い人や、年寄りがこんなめにあったら、いつか本当に死者が出る日も来ると思う。
40年近く生きて、またひとつ新たな勉強をしました。

男性機能治療薬について真面目に考える [妊娠待ち]

フーナーテスト(前日に性交を持ち、翌日の検査で精子の様子、粘液の具合、相性などを見る検査)のときに産婦人科の先生に聞いてみた。「うまいこと前日にできなかったらどうしましょう?」すると、「そしたらキャンセルの電話を入れてください」とのこと。
「そんな人いますか?」と尋ねると、「いるいる。結構いますよ。」
その時先生がおっしゃったには、検査があるから今晩よろしくという状況にどうも男性は弱いらしい。女性が思っている以上に男性は繊細なものだということ。妙なプレッシャーにうまくいかない人も多いのだとか。
確かにそうかもね。

排卵を見計らってタイミングをとるのも、近いものがあると思う。それに、疲れて深夜帰りの夫に、「今日がチャンスだから、絶対よろしく」というのも酷な話だ。

そんな中、流産後、妊娠を強く希望するようになってから夫からの相談があった。
ここぞと言うときに確実にするために、男性機能治療薬を処方してもらおうかと思う。と言う。
実際、3日連続でタイミングを取ろうとなった時には厳しいものがあると、私も思っていた(私もいい歳だが、夫はそれ以上だし)。それならそれで別に無理なときはいいじゃ~ん。と私は思うが、夫の思いは私よりも強かった。

正直、子供夫婦仲がいい結果充実した家庭に授かるもんであって、子供を作るためにセックスするなんておかしいぜ。と思っていたころもある私は、今の状況に折り合いをつけるのにも時間がかかったのに、「薬か~[バッド(下向き矢印)]」という気もした。
しかし、こうなっている今、夫がストレスなく少しでも気楽に「子供を作るためのセックス」が楽しめるようになるのならば、それはそれの方がいいよね。とすぐに思い直した。
そうだよね。うんうん。そうだそうだ。

早速夫は自分で病院を検索し、薬を処方され持って帰ってきた。
聞いてみると、簡単な問診だけで、院内処方で受け取れたとのこと。
処方箋出されて、行きつけの薬局に出すのは勇気要るんじゃないか・・と思っていたので良かったなぁ。
最近はかの有名なバ・・・・だけでなく、他にもいくつか新しい薬が出ているそうなのだけれど、基本はバ・・・・で、これで様子を見て効果が得られないようだったら別のにしてみましょうということだった。
1錠(1回分)2,000円近い・・・・。超高価。保険利かないし仕方ない。

実際試しに使ってみた結果、なかなか良かったようだ。実際的な効果ももちろんあったようだし、何より、気持ちが楽になったように思える。すると私の気持ちも楽になったし。
何事も柔軟に考えなければいけないね。また1歩前進したのでした。

ちなみに、この薬を男性が飲むことによる妊娠やその後の胎児に与える影響はないとのこと、病院で確認済み。
また、服用の注意事項や副作用も多いため、本人が病院で確認して納得したうえで使用することが重要です。

妊娠待ちと薬の服用 [妊娠待ち]

妊娠待ちをしているとき、薬の服用って、ちょっと考える。
そのほかにも運動していいのか、とか、これを食べていいのか・・とか。

以前子宮ガン検診の時に産婦人科のお医者さんに聞いてみたことがある。
市販の薬くらいなら、妊娠発覚するくらいまでなら大した影響はないから気にしないでよいと言われた。
そのときちょうど花粉症の季節で、花粉症の薬のクラリチンを処方されて飲んでいたので、それについて聞いてみたら、クラリチンは妊婦にも処方するくらいだからまったく気にしないで大丈夫。と言われた。

そして、実際妊娠に気がついたときにちょうど花粉の季節で、クラリチンを飲んでいた。
でも、以前の産婦人科医の言葉を思い出し、気にしないでクラリチンを続けていた。
最初に診察に行ったときに、クラリチンを飲んでいることを伝えると、以前「クラリチンは大丈夫」と言ったその先生が、その口で・・・「クラリチンはまずいですね」・・・・衝撃。
何でも、妊娠中期以降の妊婦には処方できるけれど、初期はまずいと言うことだそうだ。
しかし、「今日から飲むのをやめれば大丈夫ですよ。もう、飲んでしまったものは気にしないほうがいい」と言われモヤモヤ。

後日、違う産婦人科で相談したときも、「クラリチンはやめてください」と言われ、飲んでいたことは仕方がないからもう忘れて大丈夫。と言われた。

ということで、これからは絶対に自己判断で薬を飲むのはやめようと思った。
きっと、大した影響のないことのほうが多いのだろうけれど、気をもみながら妊娠生活を1年送るのは嫌だし、万が一何かあった時に、服用と関係があろうとなかろうと後悔したくないから。

ちなみに、運動は二人の医師の意見が分かれました。
一人の先生は初期はやめてください。
もう一人の先生は流産と運動の関係はありません。
これも自己責任ということか。

妊娠初期症状待ち [妊娠待ち]

高温期、気にしないように、気にしないように・・・しているのに気にしてしまう、妊娠初期症状
今、おなかがチクッとした!とか、足の付け根が痛んだ!とか、朝起きたときに胃が気持ち悪いわー!とか。
まあ、大体ただの胃もたれだったり、するのだけれど。

前回妊娠したときには、なぜか4週目になる前から妊娠しているんじゃないか・・・という気がしていた。3週のうちから早期妊娠検査薬をフライングで何本も使い、4週3日には産婦人科に予約の電話を入れ、「今こられても何もできない」と断られたくらい。

何が根拠で妊娠に気づいたか、と言われると、本当に何となくとしか言いようがないほど、何となく(汗)
強いて言えば、バスのそばを通っただけでディーゼルのちょっとの臭いで乗り物酔いを思い出す。とか、午前中を中心にめまいや胃の不快感がある。とか?かな?
まぁ、普段でもないこともないことばかりだったけれど、なぜか、そのときはかなり強く「妊娠かも」と思った。
事象的なことではなく、なんかもっと精神的なものだったのかも?
生理開始予定日ごろに基礎体温が1回下がったので、普段だったら「あ、生理くるのね」と思うところを、そのときばかりは「いやぁ、明日はまた上がってるんじゃないかしら?」と思った。
今思えば不思議。

ということで、今回も気にしないようにしながら、あの時のあの感覚を重ね合わせて待ってしまったりしている。
しかし、今のところまったくその気配はない。
てか、基礎体温もガタガタで、高温期になるのもいつも以上に時間かかったし。
今回は見送りなのかなぁ。
気長に、長期的展望でどんと構えないといけないな。

排卵検査薬 クッキリ [排卵検査薬]

普段よりもちょっと遅れめで、排卵検査薬に陽性反応が出ました。
それも、ものすごくクッキリです。

排卵検査薬は何だかいつもいまいちあいまいで、後になって「やっぱりここが陽性反応だったのね」と確信を持つ・・ということも少なからずあった。
しかし、今回は、一発確信。
陽性が出る前8日間検査していたのだけれど、陽性前日に薄めに反応。
もうこのまま真っ白いままが続くんじゃないか・・・と不安になりつつあったので、薄めでも色が付いたのを見た時はほっとした~。
もう、その勢いでその日にタイミングを取ってみようかとも思ったのだけれど、前回妊娠したときは初めて遅れ気味でタイミングを取ってみてうまくいったので、ぐっとこらえました。

するとやはり翌日の検査では、もう尿を浸して出した瞬間に判定線が出始めるのが見えました!みるみる濃くなり、判定時間の10分後~30分後になると、それはそれは今までになく濃くなり、どちらが判定線か、検査終了線か見分けが付かなかったくらい。
本当はこんなに濃くなるんだ~とびっくり。
自信を持ってその日にタイミングを取りました。

排卵検査薬は陽性反応後、24~36時間後の排卵を予測するもの・・・つまり、陽性反応後24~36時間で排卵するというものだそう。
ということで、精子や卵子の寿命を考慮すると、陽性反応が出た日~次の次の日の間にできるだけ多くタイミングを取るのがいいらしい。

今回ちょっと私を悩ませたのは、陽性反応の次の日、またまたクッキリハッキリの陽性判定線が出たこと。
こんなことはこれまでになかったのでちょっと戸惑い・・・。
しかしそれも、そのまた次の日にはうっすらになったので、気にしないことにしよう。

なるべく頑張りました!
しかし、妊娠しやすいカップルがばっちりタイミングが取れても妊娠の確立って、5分の1から4分の1なんだって!
歳も歳だし、期待しすぎずに・・・そして、歳も歳なのでちょっと焦りながら、2週間後までできるだけ穏やかな気持ちで過ごしたいと思います。


排卵検査薬 [排卵検査薬]

中国製の排卵検査薬をインターネットで買って使っている。

日本製のもあるらしい。
本当は国産のほうが安心だし、信用できるし、日本経済にもいいのだろうけれど、その辺の薬局で排卵検査薬が売っているのを見たことがない。
薬剤師さんの背後に隠れているのかもしれないけれど、そこまで見れないし・・・。

中国製はとにかく安い!一回分100円しない。なので、心置きなくバンバン使えるのがいいところだ。

注文して、お金を振り込んでから手元に届くまで、結構不安だった。「本当に届くのかしら?」「怪しくない?」
結構日にちはかかったけれど、ちゃんと届いたときにはほっとしました。疑ったりしてごめんよ。

紙でできた爪楊枝ほどの検査するものが、ひとつずつ個包装されている。
適当なときを狙って、紙コップに尿を採り、その小さな棒を数秒尿に浸し、平らな場所に安置し待つこと数分。結果の線が浮かび上がってくる。

妊娠検査薬と違って難しいのは、結果が白か黒じゃない。はっきりしないことだ。
妊娠検査薬はうっすらでも線が出れば陽性。
排卵検査薬はうっすらでは陰性。
判定線と同じ濃さになれば陽性。ということなのだが、この判定線と同じくらい・・・ってのが、なかなか難しい。Max濃くなっても判定線ほどになったことは少ないし、実際判定線より薄めでタイミング取っちゃったときに妊娠した。
なので、5~7日間くらい1日1回検査し続けて、一番濃くなった日が陽性ということにしている。
そして、陽性と判定されてから24~36時間後に排卵するらしいので、このあたりに狙いを定めて仲良くするのだ。

陽性の判定も怪しいし、その後24時間~36時間というのもアバウトだし。そもそも「その後」って言っても、そのさじ加減は私がいつ尿を取ったかに激しく左右されるし・・・。
すなわち、やっぱり排卵をしっかりつかむには病院に行かない事には分からないということ。

まぁ、そんなグダグダな検査だけれど、自宅で手軽に排卵を予想するにはなかなか良いアイテムだと思っている。実際これがなければ私は前回の妊娠もしなかったと思うし。

ということで、今回も「そろそろ排卵かなぁ」という日・・・私の場合生理開始から11日目~17日目くらい・・・からチェックを始め、毎日検査しているのだけれど、かなり日にちがたった今も、変わらず「うっすら」。うっすら過ぎて何の兆しもない。ちょっとへこむわ~。
やっぱり、まだ体が本調子じゃないのかな。
なるべく気にしないように普通に普通に生活しようと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。