So-net無料ブログ作成
検索選択

妊娠するまでにしておきたいこと・・歯医者 [妊娠待ち]

妊娠するとできなくなることの一つとして、歯医者も思いついた。
歯医者もレントゲン撮ったりするから。
歯医者のレントゲンくらい大丈夫とも聞くけれど、やっぱり少しでも不安は避けたいし。
妊娠待ちになってしまうとまた、「生理中〜高温期の間に行こう」とか思い始めて、足が遠のいてしまうから。

善は急げ!
早速予約をとって行ってみると・・・・虫歯×1、補修×1[バッド(下向き矢印)]
かつ、毎回毎回言われる、「下の親知らず、いつかは抜かなきゃね」[ふらふら]
どんどん前進!!モードで行ったので、勢い付いていた私は、「では、行っちゃいましょう!抜いて下さいっ!」と・・・・(^-^)/
すると先生、「ちょっちょっちょ・・・まあ、よく見てみましょうね[あせあせ(飛び散る汗)]

結局レントゲンもガッツリ撮ったし、やっぱり張り切って行って良かったー[ぴかぴか(新しい)]


それにしても、やっぱり歯医者って、辛い所ですね・・・。
歯の治療の痛みって本当に堪え難い。
キーーーンって、本当にゾッとする音がするし[がく~(落胆した顔)]
子供の頃から歯が弱い方で、しょっ中歯医者に通っていたけれど、子供だった私、よく耐えたなー、って、改めて感心しちゃいました[黒ハート]

しばらく通院になりそうです。
嫌だけど、頑張ろうっと。

流産後次の妊娠のタイミングは? [妊娠待ち]

さてさて、生理が来れば、また妊娠にトライし始めてOKと病院で言われています[るんるん]
前回はすぐに張り切ってトライしてみたのですが、今回は一回見送ろうかな、と考えています。
前回の経験で、しばらく(生理3回来るくらい)は基礎体温表も安定しなかったし、生理周期もまちまちで安定しなかったので、その辺が少し落ち着いてからにしようかな、と言うのが一つ目の理由。

もう一つの理由は、術後2ヶ月目に予定している不育症検査。
この検査、術後2ヶ月以内や、妊娠中には出来ないものがあるそうなんです。
そして検査をして見つかる原因によっては、次の妊娠中に流産を避けるために対処する方法もあるそうなんです。
なので、できれば先に不育症の検査を済ませて、原因がないのであればそれはそれで自信を持って次の妊娠に臨みたいし、原因が見つかるのであれば、対処しながらできるだけ安全に妊娠を継続をしたい、と思うのです。

早く妊娠して、赤ちゃんがほしい!
はやる気持ちはありますが、焦らず、焦らず。

二度目流産後初めての生理 [流産後の生理]

稽留流産の掻爬手術後、初めての生理が来ました[グッド(上向き矢印)]

前回の掻爬手術後は、生理がちゃんと戻るか心配で心配で仕方なかったけれど、今回はわりと落ち着いて待つことができました。
前回の始まりよりも数日遅いだけの、手術から33日目の再開でした。

前回の経験で手術後初めての生理の量が多いのは覚悟していたのだけれど、覚悟が大きかったせいか、確かに量は多かったものの、「こんなものだったかな?」と言うくらい。
普段あまり量が多い方でないので、多く感じたけれど、このくらいなら「普段通り」という人もいるかもね、と言うくらい。
2日目、3日目の量は多かったものの、4日目からはおりものが茶色いと言った程度でダラダラと続く感じ。結局1週間くらいそれが続きました。

生理も再開したということで、手術決定と言われたその日からほったらかしにしてきた婦人体温計をまたベッドに持ち込み、検温再開しました。
なかなかきれいな二層にはならないかもしれないけれど、ノンビリ気長に構えて行こうと思います。




掻爬手術〜1ヶ月 [2回目の妊娠→稽留流産]

稽留流産の掻爬手術から約1ヶ月。
前回、術後29日目に生理が来たが、今回はまだ来ない。
しかし、前回ほどまだかまだか、と気にならないのは、待てば必ずくる事が前回の経験で分かったからかな?

今回は術後の出血がかなり少なかった代わりに、いつまでもダラダラと出血が長く続いた。
結局術後25日目までなんだかんだ茶色いおりものがあった。
それじゃあ、生理が遅れるのも当然か。

手術直後に高熱が出たトラブルはあったものの、腹痛も軽く、体的には楽な方だったと思う。

今後焦らず生理を待って、基本的な体力を付けて、次の妊娠に向けてコンディションを整えていきたい。


稽留流産手術の医療保険請求 [2回目の妊娠→稽留流産]

2度目の稽留流産の医療保険はスムーズに手続きが済んで、無事入金を受けた。

初めてのときの請求の記憶があいまいだなぁ、と思っていたら、1回目は夫に請求を頼んだんだった[あせあせ(飛び散る汗)]

今回は、病院手術日が決まった日のうちに、保険会社に自分で電話をした。
手術の説明を受ける際に、今回も看護師さんから「医療保険に入っているなら保険がおりると思うから、確認したほうがいいですよ」とアドバイスを受けたからだ。

前回は、保険会社から書類が届くのが手術前日になってしまって、私は前日から入院していたので、手術当日夫に持ってきてもらって、病院に提出することになった。
そんな経験から、ぎりぎりにならないように、できるだけ早く・・・と思ったのも、手術決定当日に保険会社に電話した理由だ。

仕方の無いことだけれど、保険会社の若くて健康そうな(←電話だし、完全に私の妄想でしかないけど)女性に、「今回の請求の理由は何ですか?」と聞かれたときにはちょっとへこんだけれど、仕方ない。
その電話で、なるべく急いでください、とお願いしたからなのか、そういうものなのかは分からないけれど、電話した次の日に早速書類が送られてきた。速達。すばらしい。

前回の時は手術当日朝に病院にお願いする書類を病院に預けて、退院後初めての診察のときに記入&捺印して返してもらったのだけれど、今回は、手術当日に先生がすぐに記入してくれたので、当日朝に提出して退院時に受け取ることができた。これまたすばらしい[ぴかぴか(新しい)]

病院の書類と、自分で記入した書類を、保険会社の用意してくれた封筒に入れて郵送すると、ものの3、4日で入金されたから、うれしいびっくり[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

今回は日帰り入院で、私の保険は入院保険は日帰り入院はカバーされていなかったので、入院保険はなしで、手術に対する保険のみ受け取ることができました。
それでも手術代はゆうゆうカバーできる金額がいただけたので、これだけでも少しは気持ちが救われました。

またもこんな経験はしたくないものの、日帰り入院対応の保険への乗り換えもまた考えなくてはいけないな。
前回もそんなことを考えていたけれど、あっという間に次の妊娠で機を逃してしまった。
今度こそ、ちゃっちゃと検討してみよう。

ストレスを受けやすい性格 [雑感]

ストレスは流産の原因になりうるらしい。

私は・・・自分でいうのも何なんだが・・・すごくストレスを受けやすい性格だと思う。
ネガティブな性格で、余計な取り越し苦労が多く、常に無駄な悩みを抱えている。
胃痛で胃カメラを飲んだ時も、「痛み止め飲み続けてる?」とお医者に聞かれ、いいえと答えると、「薬じゃなければこりゃあ相当なストレスだな」と言われた。
しかし、身近な人に「私、ストレス感じてる」なんて言っても笑われちゃう。「kaseraの生活のどこにストレス感じるの?!」まぁ、そうなんだけど。
ストレスの元を自分で探し出してどっぷり浸かっちゃうんだよ。

子供の頃からこんなだった気がする。
そりゃあ途中、こんな自分の性格を直そうと啓発本読んだよ。何冊も。今でもつい、おかしな啓発本をうっかり買っちゃったりしてるし[たらーっ(汗)]
しかし、性格というのは直らないものだ。
自分でも、こんな考え方、全くもっていいことないと心底分かっているのに、どうにも出来ない。

今まで経験ないのだけれど、カウンセリングとか、精神科(大げさ?)とかに行けば何か光は見えるのかしら?

ここまでこのスーパーネガティブな自分とグダグダ付き合ってきてしまったけれど、2度も流産してしまった今、今度こそ、今度こそスーパーネガティブな自分と決別したいんだ!
赤ちゃんのために身も心もモリモリ元気になりたいんだ!
さーーて、どうするかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。