So-net無料ブログ作成

残念 生理・・・ [流産後の生理]

残念。生理が来てしまいました。
仕方ない。

仕方ないけど、最近生理になった時の落ち込みがだんだんとひどくなって来た。
気持ちを切り替えるのにもだんだん時間がかかるようになってきたし、こんなことで泣いても何にもならないのに泣いちゃったりするようになってびっくり。

年齢的にだんだんと余裕がなくなっていくのが原因かな。と分析している。

今後気持ちが変わるかもしれないけれど、これまで(と、今も)積極的な不妊治療は考えていない。
そうなると、あと何年期待が持てるのかな?とふと考えてしまう。
高度な治療による妊娠と自然妊娠に、可能な年齢の差があるのかどうかも本当は知らないけれど。
人と比べても仕方がないけれど、身の回りで高齢で赤ちゃんを授かった人を思い浮かべて、その年齢をリミットに考えている・・・嫌な自分。
誰誰だって、◯歳で産んだし、まだ大丈夫。とか。最低な考えだな、と。
その頼りの年齢に、もうすぐなってしまうんです。
だから、「今月絶対妊娠しなくちゃ」「今月絶対妊娠しなくちゃ」って。

この考えもしばらくしたら収まるのだけれど。

また来月生理が来たら、たまらないなぁ。

クヨクヨは今日までにして、明日からまた元気に頑張ろうっと。
タグ:妊娠 生理

今回の排卵 [排卵検査薬]

今回の排卵はおかしな感じでした。

いつもどおり12日目から検査薬を使用。
伸びるおりものが確認できるとそれが検査開始のタイミングになるのだけれど、確認されないまま陽性になることも多々あるので、危険な賭けはやめて、早めのスタート。

いきなり陽性になる時もあれば、2日くらい前からジワジワ濃くなって行く時もある。

しかし、まー、全く濃くならない。
薄めに色が付く日が延々と続くこと1週間(つまり18日目まで)。
ここまで続くと、検査開始前にもう排卵済みだったのかな?
それともこの薄い反応の中でもより濃いめのところを陽性と判断しとくか?
と、もう検査をやめようと思いながら、もう1回だけ・・・と、飽き気味に検査した19日目・・・
クッキーーーン[ぴかぴか(新しい)]と判定ラインが出て来た。
びっくり。
やっぱり、出る時はくっきりはっきり出るんだよ[あせあせ(飛び散る汗)]勝手に「この辺りで陽性としておこう」なーんてダメなんだわ[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]
ちなみに、この日に伸びるおりものも確認。

そして、翌日また検査するとより濃く反応。20日目の陽性となった。
なーんだろ?
でも、毎年暑くなると基礎体温も乱れ気味だし、こんなこともあるのかなーと。
と言うことで、あまり期待できるタイミングは取れませんでしたが、小さく期待して待っています[揺れるハート]

七夕 [日常あれこれ]

今日は七夕でしたね[やや欠け月]

近所の子供たちがササを持って歩いているのに何度か遭遇したので、何となく「もうすぐ七夕だね」と思ったものの、今日とは知りませんでした。

家電を買いに、夫と量販店をはしごして、底値を探っていました[あせあせ(飛び散る汗)]
途中、「中間会議」を開くために入ったカフェに色とりどりの短冊が置いてありました。
そして、大きな笹の枝。
『七夕が終わったら◯◯神社に納めます』と小さく書いてありました。
何年も何年も短冊に願い事を書いたことなんて無かったけれど、何だかここに願いを書けば叶いそうな気がする!と思い、赤ちゃんが来るようにと書いて笹に付けてきました。

何だかほんわかいい気分になり、目当ての家電もまぁ計画していた程度の安さで購入。
夜は幸せ気分で近所の居酒屋へ。
帰り際に短冊を渡され、「今日は七夕なので、お願いごとを書いて下さいね」。
ここでも!?びっくり。
そして、「赤ちゃんが来ますように」と書いて店員さんに渡すと、ヒモを通してくれました。
どこにつけるのかしら?と思っていると、入ってくる時には全く気付かなかったけれど、店先に小さな笹。自分で付けてきました。
別れ際に店員さんが、私のお願いを見てか見ないでかは分かりませんが、「お願い事が叶いますように」って言って下さいました。いい気分になって帰りました。赤ちゃんできたかも[グッド(上向き矢印)]
ちなみに夫の短冊には「totoが当たりますように」[たらーっ(汗)]

こちらは残念ながら雨でしたが、皆さんの七夕はどんな七夕でしたか?
みんなの願い事が叶いますように[ぴかぴか(新しい)]

タグ:赤ちゃん

トキソプラズマ ネコとの関わり [妊娠待ち]

義理の実家で「土からトキソプラズマに感染する可能性がある」と知って、すっかり忘れていたネコさんとトキソプラズマの関係について思い出した。

私は子供の頃から実家でネコを飼い続けてきた。
実家を出てからは住居の問題で飼えずにいるけれど、実家に行けば、ワッシャワッシャとネコさんたちとたわむれている。
これまで(短い間だったけど)妊娠していた期間は、一応ネコさんのトイレの処理だけは避けさせてもらいながらも、それまでどおりネコさんと接していた。

その後、妊娠待ちの間は特に何も気にすることなく、ネコさんトイレの処理も含め、それまでと何ら変わりなくネコさんんと関わっている。

今回、義理の実家に行く前日に、自分の実家からの電話。
「生まれたばっかりの子猫拾った!」
子猫は本当に久しぶりで、もう大興奮[るんるん]
「じゃあ、2、3日中に行くから[ぴかぴか(新しい)]

義理の実家に行って、トキソプラズマの事を思い出さなかったら、何の躊躇もなく今頃飛んで行っていたに違いない。
しかし、思い出してしまった今、調べずに行くわけにはいかなくなった。

ネット検索[ダッシュ(走り出すさま)]

トキソプラズマに関して私が理解したとは・・・・

1.妊娠中に初感染すると、子どもに流産や障害の可能性がある
2.感染ルートは生肉の摂取、土いじり、猫のフン
3.これまでに感染していれば、何の心配もない

1.に関しては、妊娠後期の感染であればあるほど胎児への感染率が高い・・・逆に言えば、妊娠初期の感染であればあるほど胎児への感染率は低い間違いがあったので訂正します。胎児への感染率は妊娠中を通して変わらず、初期に感染すればするほど重篤な障害をもたらすようです。しかし、母体が感染したとしても、胎児に感染する割合は少ないようです。(2012/7/5)
また、妊娠前の感染で胎児に影響が出るのは非常に稀。

2.に関しては生肉の摂取による感染が主な感染ルートのようで、猫からの感染は考慮しなくてもいいとする情報さえあった。ちなみに土いじりからの感染も、原因は猫のフンの混入の可能性を考慮してのものだそう。
猫から感染するには、かなり稀な条件が重なった場合のよう。
まず、猫は生肉や生きてる動物やゴ×××など、トキソプラズマの保有者を食べることで感染する。初めて感染した猫が感染後〜3週間程の間に排泄するフンにトキソプラズマの元が入っている(初感染でない猫には抗体ができており、感染力は無くなる)。
そのフンのトキソプラズマの元は、排泄後2〜3日で感染力を持つ。
その2〜3日経ったフンを何だかの形で人間が口にしたり目に入れることで、人間に感染する。

そして、3.にあるように、人間も一度感染していれば抗体ができるので胎児への心配はないとのこと。


つまり、早い話が自分のトキソプラズマ抗体を調べて陽性であればすべての心配は杞憂に終わるという単純な話[かわいい]
しかし、残念なことに私は自分の抗体を調べたこともなく、すでに子猫が実家に来ている。自分の抗体検査に急いで行っても、病院予約して検査して結果を待っている間に、もう感染の心配は無い時期になっているだろう。では、子猫のトキソプラズマの感染を調べてもらうのが手っ取り早いのでは?と考えた。
実家に電話すると、丁度その日に動物病院に連れて行くと言うので、トキソプラズマを調べてもらうように頼んだ。
ネコさんからの感染はかなり難しそうだけれど、外でお食事していたネコ・・・子猫だから初感染の可能性も高い・・・そう考えると、やはり外からお迎えした子猫の場合、感染の可能性がそれなりにある。
結果は・・・ネコさんが小さすぎて、検査に必要な量の採血は無理。でした。そもそも、脱水症状で弱っていたということもあったよう。


ということで、小さい子猫はあっという間に大きくなってしまうので本当に残念だけど、稀であっても心配はしたくないので、会いに行くのは1ヶ月待つことにしました。
次の病院の時に、トキソプラズマの抗体検査をお願いしてみようと思います。陽性と分かれば今後の心配が無くなるし、陰性なら陰性で対処のしようがあるから。
今回子猫に会えないのは残念だけれど、トキソプラズマに関して勉強するいいきっかけになりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。