So-net無料ブログ作成

シェーグレン症候群 [妊娠待ち]

抗核抗体が高かったのはシェーグレン症候群のせい。ということが1年経ってやっと発覚し、良かった良かった、と思っていました。
何故なら、シェーグレン症候群と初期流産の関連性はないとの説明が膠原病内科の医師からあったから。また、シェーグレン症候群としての症状は今は私にとって全然きついものではないため。
これで2度の流産は多分たまたま不運が重なっただけだったのかな、と思えるようになり、お気楽に捉えていました。
しかしその結果を持って産科にかかって一転、ちょっと暗雲が・・・[曇り]

初期流産との関係はないのだけれど、出産時に問題があるとのこと[どんっ(衝撃)]
そう言えば、初期流産には関係ないと聞いて喜んで、その後の内科医の言葉を頭から消去していたみたいなのだけれど、確か「初期流産には関係ありませんよ。出産時に〜という事はありますが。」そんな風に聞いた気がしてきた。すっかり忘れていたし、内科医は本当にサラリと言っていたし、大ごととは思いいませんでした。

出産時に赤ちゃんの心臓に不整脈が出る事がまれにあるのだそうです。
そのため、出産は必ず大きな病院で行って下さい。町の産婦人科的な所はだめ。だそうです。
まぁ、「まれに」ということなので、そこをどれだけ楽天的に捉えられるかと、最悪の事態に出来るだけの準備をする。それが今私に出来ることなんだろうなぁ、と思います。

一難去ってまた一難。

それはそれ。
ひとまず妊娠しなくては話が始まりません[ダッシュ(走り出すさま)]

不育症通院、突然終了 [不育症]

2度の流産後、検査の結果「抗核抗体が高い」との結果が出たため、抗核抗体を下げるためにサイレイトウと言う漢方薬を飲みながら、3ヶ月に一回通院して血液検査をしながら経過を見ています。
ちなみに、抗核抗体が高いだけでは不育症の原因とはならないとのことで、一応の治療という感じです。そうしながら妊娠できればいいね、という感じで通っていましたが、とうとうなんの音沙汰もないまま1年以上経ってしまいました。

そして今日、また3ヶ月に一回の通院をしてきたのですが、突然ながら今日でサイレイトウも終了ということになりました。

話はさかのぼるのですが、前回の通院
http://baraabaru.blog.so-net.ne.jp/2012-12-02
で体調の不調を相談してみたところ、リウマチ・膠原病内科の検査を受けることになり、その結果シェーグレン症候群ということが発覚しました。
その後初の不育症の通院だったのですが、シェーグレン症候群なら抗核抗体がサイレイトウで何とかなるものではない。なのでサイレイトウはもう終わります。
抗核抗体が高いのも原因がわかったので、心配はない。
サイレイトウをやめて様子をみましょう。そこでまた抗核抗体が跳ね上がるようであればまた考えましょう。
そして、ひとまずこれで通院も終わり、と言うことになりました。
・・・・ちょっと待って?抗核抗体が跳ね上がらないかどうかって、今後どうすりゃ分かるんだ?
と言うことで、3ヶ月くらい経ったらまた病院に行ってみることになりましたが、担当医が異動するとかで。異動先はうちからだとちょっと遠い病院なのだけど、私、この先生が好きだし、ひとまずついて行くことにしました。もう、治療も無いし、気分転換に新しい病院で働く先生に会いに行く・・・って感じです[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]

花粉症 [日常あれこれ]

東京も花粉が飛び始めました。
気がついたのは1週間くらい前からで、朝起きた時に上あごがかゆい。目がベタベタする。

うちは夫婦で結構重症な花粉症なので、この季節は戦々恐々。
各部屋&玄関に空気清浄機を稼働させてます。
初めて妊娠した時までは、1月からクラリチンと言う花粉症の薬を処方してもらって、夫婦で飲んでいました。

初めて妊娠した時丁度今頃の季節で、以前かかりつけの産婦人科医に「クラリチンは妊婦にも処方される」と聞いていたので、妊娠発覚しても勝手に飲み続けていたのですが、5週前半で病院に行って確認すると、「クラリチンは妊娠初期はダメ」と言う事が発覚し、「飲んでしまったものは仕方ない。今日からやめて飲んでしまったことは忘れましょう」的な事を言われ落ち込んだので、去年は妊娠することを見越してクラリチン無しで乗り越えました。

すると思いの外なんとかなって、なーんだ、と思っていたのですが、去年は特別に花粉が少ない年だったそうですね。
今年は去年の何倍も飛ぶと聞いて、大げさでなく「恐怖」です。

今のところ、鼻の中に塗る軟膏「花粉鼻でブロック」とかいう市販の商品をこまめに塗り塗りして、外出時のみマスクでしのいでいます。
3月になったら室内や寝るときにもマスクが不可欠になるだろうな。
1日中マスクになると、耳がやられるんですよ[バッド(下向き矢印)]
メガネにマスクで痛めつけられる耳、かわいそう[ふらふら]

ここのところ、1日1時間弱くらい近所の川沿いをウォーキングしてたのがやっと習慣になってきて「いい感じ[るんるん]」と思っていたところにこの花粉で、出鼻をくじかれました[バッド(下向き矢印)]
家の中で、デレビで録画したヨガや、ヤーナリズムをしてみていますが、やっぱり外を歩く方が気持ちがいいな。

春は一番うららかな季節であるはずなのに、憂鬱です。
温泉旅行に誘われたけれど、思わず返事前に現地の花粉情報を確認してしまいました。
宝くじが当たったら、花粉のない場所に別荘を買いたいなって思ってます[わーい(嬉しい顔)]

体外受精3回目 採卵日 [体外受精]

体外受精3回目、採卵、またも空っぽ!!
1回目(完全自然)→1つ空
2回目(完全自然)→1つ空
3回目(低刺激フェマーラ)→1つ空

えーーー!そんなことってあるの[exclamation&question]

医師:2回はあっても3回はちょっと
看護師:あまり聞きませんねー

だろうね[バッド(下向き矢印)]

ホルモン値が良くなかったり、卵胞が育たなかったりで採卵にこぎつけない人はいるものの、ホルモン値良好、卵胞は育つ、でも空っぽという状況には医師もウームと・・・困惑しているように見える[もうやだ~(悲しい顔)]
さあ、どうするの?
はい、人任せです。もう、私の守備範囲外です。明らかに。

医師:次はカウフマン療法にしましょう。一旦卵巣をお休みさせて、新たに始めましょう。
私 :カウフマン?どういう治療なんですか?
医師:療法と言っても、ピルを飲むだけなんですけどね。

ピルでホルモンを規則的な生理周期にコントロールして、卵巣を休ませるそうです。ホルモンは薬に任せて、自分は休むってことかしらね。
なので、カウフマン療法の周期は採卵もお休み出そうです。
ふーん、それでは治療のことはすっかり忘れてのびのび過ごしましょうか[いい気分(温泉)]

ピル(ソフィアA)を12日分処方されました。
これを1日1錠飲んで、生理が来たらまた3日目に通院です。

ハァァ、全くスタート地点から離れられません[ふらふら]

体外受精3回目 準備④ [体外受精]

やっと、採卵の予定が立ちました[るんるん]

昨日(生理18日目)に病院へ行ったところ、ホルモン値良好、卵胞も何とか採卵できそうな大きさに育っていたため、その日の夜からスプレキュア(LHサージを起こすための点鼻薬)2回、翌日ボルタレン(排卵を抑える座薬)3回で直前のコントロールをして翌々日(生理20日目)朝採卵という計画が立ちました[かわいい]

昨晩スプレキュアでしたが、慎重にしました。
最初にいただいたスプレキュアの仕方の紙には書いていなかったのですが、待合室で延々と待たされている間に流されているインフォメーション画面に出るスプレキュアの仕方では、点鼻後鼻をすすれって出るんです。
これでスプレキュアが効かなかったということは無いだろうけれど、これまで2回採卵失敗してきたので、小さなことにナーバスになります[ふらふら]
思い切りすすって見たら、かなり薬が喉に流れ、苦味を感じました。
効け効け[かわいい]

あとは、本日あと2回のボルタレン。
1回目は座薬後便意をもよおしてしまい、耐えました[たらーっ(汗)]
ボルタレンするといつもちょっと便意が・・・。こんな日も来ようかと、以前看護師さんに確認したところ、便意をもよおしちゃう人、結構いるみたい。30分耐えれば薬は十分吸収されるので、何とか30分耐えてください。とのことでしたので、今回、時計とにらめっこで35分耐えました[あせあせ(飛び散る汗)]

昨日の午前中から伸びるおりものが出始めて、本日午前中も増えているので、恐らく、排卵コントロールしない自然な状態でも明日かあさって排卵だと思われるので、いい感じかも[揺れるハート]
逆に言えば排卵済みになってしまわないようにしっかりボルタレンしなきゃな~。

体外受精3回目 準備③ [体外受精]

何と、『体外受精3回目 準備』編もpart3になってしまった[バッド(下向き矢印)]

生理11日目に決着がつくはずが卵胞が育っておらず採卵日決定持ち越し。
4日後(生理15日目)再来院の指示を受け、本日行ってまいりました。
そして今回も目処立たずです[もうやだ~(悲しい顔)]
E2が低い。
何より卵胞がまだ小さい。
何で~[exclamation×2]

また3日後の再来院を指示されちゃいました。
生理18日目・・・・。そんなに遅い排卵の卵ちゃん、大丈夫なの[exclamation&question]
医師に「大丈夫なんでしょうか?」と聞いてみると、かるーく大丈夫ですよとのこと。もうひと押し「あんまり排卵が遅いといい卵が育たないのでは?」と聞くと、確かにそれはそうなんだけど、ギリ大丈夫とのこと。
プロがそうおっしゃるのなら、お任せしましょう。

妊娠しないと言う悩みから、卵が採れないと言う悩みへ、しかしそれが、卵胞が育たないという悩みへ・・・・のステップがランクダウンして行っているような[あせあせ(飛び散る汗)]
気にしな〜い。目の前の問題から一つ一つ[exclamation]
まずは卵さん育ってね。

今回は、前回と同じ内容ながら、前回のほぼ半分近い時間・・・2時間半くらいで済みました。
このくらいの待ち時間ならまぁ納得。
見るからに患者の数も前回よりもずっと少なかった。
この波は何なのかなー。

タグ:採卵 卵胞 E2

体外受精3回目 準備② [体外受精]

生理11日目の診察へ行ってきました。

基本的にこの11日目の診察で「排卵間近ですね」って事になって、採卵準備に入るので、今回もそのつもりでいたら・・・卵胞小さすぎ。
ホルモンE2も全然低すぎるらしい。

「フェマーラを飲んでもらいましたが、全然育っていませんね。」と言われる。
どうなるんだろ?これからグンと成長するのか?それともここまでなのか・・・。
聞いてくれば良かった。
そんな事は分かりませんって言われちゃいそうだけど[あせあせ(飛び散る汗)]
これまで全く刺激の薬を飲まなかった時は卵胞1つだけが大きくなっていたけれど、今回は一番大きいのより少し小さいのが2つ見えていました。うまいこと大きくなってくれー。
「じゃ、4日後にまた来て下さい」

これを聞くためだけに、今回は何と4時間ちょっとかかりました[たらーっ(汗)]
もう、お尻が痛い。
医師は2人しかいないみたいなのだけれど、受付番号は100番越え。
毎日100人も妊娠したい人が通っているんだなぁ。
そして、こういう病院がたくさんある。

4日後に丁度いい卵胞が見れますように。
頑張りようが無いので、普通に過ごすのみです[かわいい]

精子凍結 [体外受精]

体外受精ではいつの段階で受精をさせるのか?
体外受精を自分で始めるまで知らなかったのですが、これは採卵をするとすぐに行われます。
つまり、採卵する日は何らかの形で精子をスタンバイさせておく必要があります。
1.旦那本人が採卵日に来院し、採卵が確認できたら採精室で採精する
2.採卵日、妻が病院に持ち込む(病院到着2時間以内に自宅などで採精する)
3.事前に精子を病院で凍結し保存しておく

やはり、1の旦那自体がその場で採精する方法が、一番体外受精成功率は高いらしい。

うちは旦那の調子もイマイチなので、少しでも確率高く・・・と今まで2回は採卵日に旦那ごと病院に来てもらっていた。
が、毎月毎月突発的に会社を休めるかも厳しい。
出張に当たれば万事休す。
保険に、と精子凍結をすることにしました。

いざ、病院へ。
せっかく保存するなら、いい状態だといいなぁ。

結果は初診日に検査した時よりもずっといい状態でした[グッド(上向き矢印)]
まぁ、一般的にはそれ程良くもないのだけれど。

医師から、体外受精用に凍結するか、顕微鏡受精用に凍結するかを問われました。
1.体外受精用なら1回分として凍結。解凍して全量を使うが、解凍後質が下がるため、質の低下によっては顕微鏡になる可能性も少なくない。
2.顕微鏡受精用なら3回分に分けて凍結。

すっかりアーティフィシャルな世界にズブズブですが、夫の状態もそれ程いいものでもないので、きっとその場で採精した場合でも顕微鏡をお願いすることになる可能性が高いと思う、と夫が言うし、ならばと、顕微鏡受精用に凍結してもらうことにしました。

料金は凍結料20,000円+1年間の保管料10,000円でした。1つでも3つに分けても料金は同じだったみたい。確認する前に3つに分けてお願いしてしまったけれど、料金3倍じゃなくて本当に良かった[あせあせ(飛び散る汗)]
料金は都度確認しなくてはいけません。反省。

採卵出来なければこれも無駄になるので・・・・あーあ、早くさっくり採卵成功したいなぁ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。