So-net無料ブログ作成
検索選択

体外受精8回目 妊娠判定(陰)で終了 [体外受精]

病院での妊娠判定日。結果は妊娠していませんでした。

移植後後半から何だかいい予感がしなかったので何だか嫌な感じがしていましたが、ちょっとは期待していたので、やっぱりがっかりしました。
と言うか、自分が想像していた以上にがっかりして、悲しかったです。

医師の話では、初めての移植なので、卵に問題があったのか、子宮に問題があったのか分からない。何度か移植していって、原因が見つかれば・・・的なことを言われました。
えーーー、何度かって・・・。
体外受精は精神的にもダメージを受けたところに、金銭的なダメージで追い打ちをかけられるというのを実感しました。

でも、もう過ぎたこと、答えの出ないことに引っかかっていても仕方ないので、気持ちを切り替えて頑張ろうと思います。
夫と話し合って、前回、今回と一応連続して卵は採れたし、今回はいい線まで行って良い流れになってきたので、次もこの病院でトライすることにしました。

何だかいい予感がするんですよ。
日にもよるのですが・・・今日はいい予感がします。
次の生理3日目から体外受精9回目のチャレンジが始まります。

体外受精8回目 移植後判定前 [体外受精]

移植後3日くらいは特に「お腹に受精卵があるんです」という気持ちメインで生活しました。
重いものは持たないとか、ラジオ体操もジャンプはしないとか、葉酸飲んだりとか(病院からは禁止されています)、あっためなくっちゃとか、あ、何かちょっとお腹に感じた・・・とかとか。
一瞬一瞬お腹の受精卵の存在を気にかけていました。

特に私の中で大騒ぎだったのが基礎体温。
病院で「2日連続して0.3度以上下がった場合は病院へ連絡すること」とされています。
オチを先に話せば、私はこれをすっかり0.03度と一桁勘違いしていて、1日目の朝イチからから戦々恐々[あせあせ(飛び散る汗)]
2日目から、不安のあまり目覚ましよりも早く目が覚めてしまい、内心キィキィしてました[ふらふら]
4日目辺りには、言っても分からないだろうに、夫に訴えたりして。夫も分かったような分からないようなで、「明日病院に電話してみな」なんて言っていたのですが。
ある瞬間フッと自分の勘違いに気がついて、笑っちゃいました。

その安心感からか、飽きっぽい性格のせいか、昨日あたりからすっかり「お腹に受精卵があるんです」感が消えてしまって、熱が覚めちゃった感じです。
ダメになったか?なんてちょっと嫌な想像もしちゃったけれど、せっかくの判定待ち期間、モヤモヤしてたらもったいないので、不安を振り払ってます。
あー、妊娠してたい[ハートたち(複数ハート)]
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

体外受精8回目 分割確認 移植 [体外受精]

採卵した翌朝に受精確認の電話。その翌朝に分割確認の電話をして無事分割が進んでいたら、そのままお昼に病院へ行ってその日のうちに移植というスケジュールです。

受精確認の電話は期待感が薄く、わりと楽にかけられました。
しかし、分割確認は期待が膨らんだのと、未知の段階へ踏み出した心細さから、震えました。

培養師さんから「無事に分割していますので、お昼から移植になります。病院にいらして下さい」と聞き、「あーーー、良かったーーーー!」と思わず口から出ちゃいました。


病院では、まず培養師さんから受精卵の状態の説明を受けました。
そして、採卵の時、媒精の時、受精後、受精確認の時、分割確認の時、翌朝、午後の卵の写真プリントアウトしたものをもらいました。

その後看護師から、移植から次回通院までの流れの説明があり、移植。全部で何人いたかは分かりませんが、移植&採卵の待合室は混み合っていました。

移植は、モニターと、看護師さんによるホワイトボードによる補足説明で実況中継。
その後移植の時の卵の写真と、卵を置いたところが白く光っている子宮のエコー写真を医師から受け取って終了。
痛みはほとんどありませんでした。
5分ほど横になって、終了です。

帰りにデュファストンという黄体ホルモン補充の薬を受け取って終了。

ここからは待つしかない。ひたすらデュファストンを飲んで日にちが経つのを指折り数えて耐えます!
ドキドキする。

体外受精8回目 受精確認の電話 [体外受精]

前日採卵した成熟卵1つ。体外受精してもらっている。
それが受精したかどうか朝の指定された時間30分間の間に電話をして確認をする。
前回はここまででドロップアウトしたので、ここをクリアできれば新しい一歩です[揺れるハート]

受精確認[ハートたち(複数ハート)]
このまま培養していきます[かわいい]

ここまで、これで転院くらいの軽い気持ちできたので、落ち着いて来れましたが、未知の領域に踏み込むことになり、期待と不安で緊張する〜[たらーっ(汗)]

翌日の朝また電話で分割したかを確認するのだそうです。
受精確認でするっと移植じゃないのね[あせあせ(飛び散る汗)]
もうひと関門[ダッシュ(走り出すさま)]

体外受精8回目 採卵日 [体外受精]

採卵は慣れたもの。
何が起こるかわからないという恐怖ももうないし、どのくらい痛いのかという恐怖もない。
そして今回は、もう次は転院だし。採れたらいいけど、採れたらそれはそれでどうしようかなー、なんてぐだぐだした気持ちで挑んだので、期待から来る緊張感も少なかった。
反面、「何だか今回は採れる気がする」という気持ちが何だかしていた。
今まで、他人に対していい予感を感じることは良くあって、気のせいだと思うけれどそれが結構当たってきた。しかしながら肝心な自分に関しては全くいい予感がしないできた。それがなぜか今!する!

すると・・・やっぱり採れた。採れちゃった[るんるん]
今回は成熟卵です[かわいい]半年以上通って、初めての成熟卵。

使える卵が採れると、問診室に呼ばれます。2回目の問診室。ここで培養師さんに説明を受け、今後について話し合います。
卵は成熟卵。体外受精にするか、顕微鏡受精にするか。
体外受精の受精率と、顕微鏡受精の受精率の差は10%程度で顕微鏡の方が有利とのこと。
たった10%の差か。と思ったものの、少しでも確率の高い顕微で、とお願いすると、驚きの情報が。

前回は顕微で針を刺したきっかけで卵が死んでしまったので、今回は体外にしてみたらどうでしょう?
とのこと。
知らなかった。針で死んじゃったんだ。
どうやら2〜3%の確率でそういうことが起こるらしいです。
普通は針をさした場所を卵の力で修復して閉じて行くのですが、その傷を閉じられないと死んでしまうそうです。

うーん、チョイスが難しくなってきた。
どうしようか、どうしようか。
結局夫の精子の調子も体外受精に耐え得る数値だったため、体外受精にしてもらうことにしました。
体外受精なら、自然妊娠の場合に体内で起きていることを体外で行うだけなので、針穴が空くこともないし、何より知らない人間がチョイスした精子の一匹で受精させるのではなく、自然妊娠と同じように、たくさんの精子から自然淘汰で選ばれた精子で受精することができる・・・そこに惹かれて、できると言われたのだから、体外で行くことに決めました!
ちなみに、前回は採れたのが未成熟卵だったため、顕微受精しかチョイスがありませんでした。

吉と出ますように。
でも、何だかいけそうな気がする!!

体外受精8回目 スプレキュア&ボルタレン [体外受精]

これまでほとんどの場合、スプレキュアは採卵二日前の23時、24時だったのですが、今回は21時、22時でした。
ぼんやり看護師さんから告げられたので、怪しんで確認したのですが、あっていますとのこと[あせあせ(飛び散る汗)]
医師も全然卵が採れないからいろいろ工夫しているのかな?ホルモン値なんかを見て調整するものなのかな?

今回のスプレキュアはしっかり成功した感がありました。気のせいだと思うのですが、しばらくすると体が熱くなる感じがしました。
次の日のボルタレンも難なく3回成功。ただ、この日のお出かけは中止しました。
外出先で座薬って、入れられないことはないと思うけれど、結構厳しいですよね?時間もちゃんとその時間にトイレに行ける状況か分からないし[時計]

以下きたない話なのですが、ボルタレン。本当にきたないので、読み飛ばしてください。大丈夫ならどうぞ[↓]
3回入れた次の朝、えらい目に合うんです[たらーっ(汗)]
おならや便をすると、ギットギトの油状のものが[たらーっ(汗)]拭いても広がるばかりで、お尻がツルピカになっちゃう[ぴかぴか(新しい)]
初めての時、本当に本当にびっくりしました。朝、家で排便できなかったので、採卵直前に病院のトイレでギットギト事件になり焦りました。
今では何としても朝家で排便し、シャワーを浴びてから採卵に向かうようにしています。朝早いのにきついです[もうやだ~(悲しい顔)]
みなさんどうしているのかなー。私だけの特異体質[exclamation&question]

体外受精8回目 12、13日目通院 [体外受精]

8回目のチャレンジ、生理から12日目、13日目の通院で卵胞チェックの内診と、ホルモン値の血液検査をしてきました。

12日目の内診では20mm以上の卵胞が見えたので、「こりゃあもう2日後採卵だな」と思っていたところ、診察でかの医師が言うには、「フェマーラの影響でE2の値がまだ低い。明日もう一度様子を見ましょう。その間にもう一つの小さめの卵胞も採れるくらいに育つのも待ちましょう」。
今期はすっかりやる気を失っているので、半分理解したようなしないような[あせあせ(飛び散る汗)]
20mm以上あってLHも上がりつつあるのに排卵しちゃわないの?たった1日で突然薬が切れて突然ホルモン値が上がったりするのかしら?うぇー、こんなに暑いのにまた明日も来なきゃなんないのー?と、かなり懐疑的また、ぐれ気味に帰宅しました。

そして13日目の内診。大きい卵胞は0.4mmほど縮小。小さい方は1mmほど拡大。縮小ってどうなのよ?と内診室で考えましたが、診察でかの医師が言うには、「卵胞の大きさはほとんど変わりありませんが・・・」1mm以内なら測定の誤差とかそういう範囲なのかな?
「卵胞の大きさはほとんど変わりありませんが・・・薬が切れてホルモン値が上がってきました。」
本当だー!!E2もLHもほぼ倍!疑ってごめんなさい。さすがプロだね[あせあせ(飛び散る汗)]

ということで、2日後の15日目に採卵の予定になりました。

たまたまなのか、病院がかなり空いていました。いつも4時間は見なきゃならない所、2時間で済みました。2時間が速いか遅いかはもう待ちすぎて感覚が麻痺してきましたが、私にとっては劇的に楽でした。
みんな暑くてお休みしてるのかしら?そんなことないか。

体外受精中の風疹予防接種 [妊娠待ち]

男性の風疹予防接種が、体外受精には問題ないことを以前書きましたが、今度は女性の方の情報を。

私が通う体外受精専門病院にあった張り紙に、風疹の予防接種後熱等の症状がない場合は採卵は可能との旨が書いてありました。

もしもモヤモヤされている方がいたら、良い材料になればと書かせてもらいました[ひらめき]

ちなみに移植は接種後2ヶ月はお休みになるそうです。
つまりは妊娠+風疹がいけないのであって、着床前の流れには風疹は関係ないということですかね。

先週、とうとう夫の職場で風疹患者が出たそうです。会社にいる間にみるみるブツブツが出てきたそうです。
今までニュースの中の出来事と、どこか遠くに感じていましたが、にわかに身近な問題になりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。