So-net無料ブログ作成

体外受精9回目 判定陰性で終了 [体外受精]

はぁぁ、またダメでした。
が、また、ほんの少し前進しました。

妊娠判定日のβhcgは50は欲しいところ(医師談)だそうですが、これが一桁でした。
しかしながらゼロではなかったということは、着床したがダメだったということだそうです。
まぁ、一瞬着床したということで一歩前進[るんるん]

ところで、こういう場合今後どういう流れかというと、2パターンあって・・・・
1.普通に生理が来て終了
2.子宮外妊娠

普通はβhcgの値が下がって、生理が来て終わりなのだけれど、稀にβhcgの値が上昇して行くことがあり、その場合は子宮外妊娠が疑われるそう。
なので、また5日後に血液検査をしてβhcgの数値を確認するそう。それまでには生理がきていると思いますと言われました。
以前友人に奥さんが子宮外妊娠した時の話を聞いていて、それが相当痛そうだったので・・・子宮外妊娠こえーーー^^;という気持ちの一方で、これ、ぐんぐん値が上がって妊娠でした、なんてことは無いのかしら?なんて楽観的な気持ちもあり、あっという間に5日が経過。

医師の予告通り、通院日までに生理も来ました。
血液検査の結果でもβhcgの値は下がっていました。

病院では何も言われなかったけれど、これがいわゆる科学流産というものなのだと思います。
その後の生理が遅れるとか超重いとかネットで見たのですが、私の場合特に変わりはありませんでした。気持ち量が多かったくらい。

今後の予定は、一周期お休みで、次の生理3日目からまた次のチャレンジです。
βhcgが出ている時の卵は質が悪くなるので採卵はしないそうです。

夏の終わりを心置きなく楽しむしかないですね。

体外受精9回目 判定日待ち [体外受精]

判定日待ちの日々も半分を過ぎました。
今回は2回目のせいか、あっという間に日々がすぎる感じです。
前回の方がちょっとした体調も気になりましたが、今回は・・・

変化・・・・・一切なし。

移植後2〜3日目にほんのーり茶色のおりものがありました。
勝手に移植時にカテーテルで傷つけられたものと判断。放置してたら無くなりました。

暑さに負けそう。
実は編み物が趣味なのですが、昨日暑い中かぎ針を手にしたつもりが・・・耳かきでした[がく~(落胆した顔)]
いくら暑いからってやられすぎです。耳かきをかぎ針の構えで持った自分の右手を見て、一人でふふっと吹き出してしまいましたよ。
クーラー付けると冷え冷えと風で目が乾いて不快・・・春みたいにちょうど良く室温を調節できる夏家電、そろそろ開発されないかしら?冬は床暖房とかオイルヒーターとかあるのにな。

体外受精9回目 移植 [体外受精]

体外受精9回目、移植までこぎつけました[ぴかぴか(新しい)]

ちょっと前までは、採卵できることが目標ゴールだったのですが、最近は移植できることが目標ゴールとなっています。
そろそろ気持ちは妊娠陽性反応が目標になる日もありますが、今回は移植できたことでひとまず満足しています。
何事も2回目は新鮮味が失われると言うか、ドキドキ半減するものです。いい意味で落ち着いて移植までのルーティーンをこなした感じです。

ただ、前回感じた期待感つまりはいい予感的な気持ちが全く起きてきません[あせあせ(飛び散る汗)]
気分は一仕事終わった気分です。
これが慣れによる気持ちの変化なのか、期待が持てない結果の前触れなのかさっぱりわかりませんが、全くワクワクしません。

気持ちを盛り上げようともしてみましたが、盛り上がらないものは盛り上がらない[たらーっ(汗)]
よって、今回はすっかり忘れて過ごす戦法ということにしました[かわいい]

今回の移植時に試したこと。
ネットで「移植直後にお笑いをライブで見せた患者群に優位に着床の結果が出た」と言った記事をみました。本当か?!
お笑いをライブで見るわけにいかない上に、リカバリールームには何も持ち込めないので、移植までスマホで面白話をたくさん読んで、リカバリールームで思い出し笑いしてました[あせあせ(飛び散る汗)]
私はほぼ日の『言いまつがい』が大好きなので、それをネタに思い出し笑い。危ない患者になってきましたよ。
それに、たまたまその日は早く目が覚めて、朝『紙兎ロペ』を見ることができました。これもDVD買っちゃおうかというほど好きなので、ラッキーでした[ぴかぴか(新しい)]これも思い出し笑いに十分な内容でした。

こんなことで何かが変わるのでしょうか?
まぁ、ゆるゆるとチャレンジしています[るんるん]

体外受精9回目 採卵 [体外受精]

採卵日。初めての午後採卵です。

体外受精を始めてから初めて、伸びるおりものを確認。採卵数時間前のことでした。
これは良い前兆なのか?

午後採卵は私にとっては最高!
朝が弱くていつも寝坊なのに採卵日だけ特別に早起きして気分が優れないこともないし。
ゆっくり家でトイレ(大)を済ませられるし[あせあせ(飛び散る汗)]
採卵前に満員電車に揉まれて疲れ果てることもないし。

午後は病院も空いていて最高!
座れる席が空いているか、席がなくなってしまわないか心配することもない。
採卵のための着替えのロッカーもいつもはギュウギュウしてるけど、午後は私一人。
伸び伸びリラックスして着替えられた。

前日の内診の時点で、卵胞が23mm近く育っていたので、排卵済みじゃないかと少しだけ不安もあったけれど、エコーでどデカい卵胞がデーンと映って一安心。
大きかったからか、キュイーン・キュイーンがいつもの倍ぐらい長かったように感ました。
初めてお腹をギュウギュウ押されながらの採卵だったけれど、痛みも出血も並でした。正直いつもほとんど痛みはない。

採れたのは成熟卵ひとつ。
気持ちの問題か、とっても立派に見えました。何だかいけそうな気がするー[るんるん]

培養士さんから、体外受精を提案されましたので、顕微でなく体外受精でお願いしてきました。
最初が顕微で受精出来ず、2回目は体外受精で受精できたので、今回も出来るだけ体外で行きたいと思っていたので、迷いはありませんでした。

そして翌日、電話で受精していることを確認できました[ぴかぴか(新しい)]
やっぱりちょっとドキドキしたー[揺れるハート]

次の関門は分割確認です。

体外受精9回目 早く育ってる! [体外受精]

9回目か。せめて一桁で終わりにしたい。
ブログで数えていなかったら、もう今が何回目か分からなくなってるところだったな。
ブログも何だか同じような内容が多く、ダラけ気味。
実は9回目の体外受精、成熟卵1つ採卵まで進んでいます!
採卵出来ない回が続いたものの、今度は連続で成熟卵が採れています。
転院を決めたら採れ始めたので、踏みとどまっています。

今回は、生理3日目の内診で、10mm近い卵胞が見えました。
以前に同じような状況で遺残卵胞ということで、採卵中止になったことがあったので、内診室で画面を見ながら「今回も中止なのかなー」と思っていました。
しかし、診察室での説明は「かなり早めに卵胞が育っている」とのこと。
素人の見た目では前回の遺残卵胞となんら変わりなく見えたのですが、血液検査の結果などが違うのでしょうか?はぁ・・・と半信半疑で10日目にまた通院することに。

そして10日目の通院。
病院の自動ドアが空いた瞬間、今までで一番のギュウギュウぶり。「今日は5時間かな〜」と覚悟していたのに、この状況でいつもなら3時間は待たされる内診に数十分で呼ばれ、その後すぐに診察室にも呼ばれ、何事かと思っていると、「血液検査の結果が、もう排卵態勢に入りつつある」ということでした。
初めてその場でスプレキュアをするように指示されました。
いつもであれば「夜2回スプレキュア→翌日ボルタレン3回→ボルタレンの翌日朝採卵」という流れのところ、今回は「その場でスプレキュア→同日夕方から翌日朝にかけてボルタレン3回→スプレキュア翌日午後採卵」ということになりました。
1分でも早く排卵をコントロールしないと!ということで順番飛ばしで呼ばれたのかな。2時間くらいで帰れたのでラッキーでした[かわいい]

採卵日の話はまた後で。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。