So-net無料ブログ作成

不育症 ヘパリン注射教育入院 [3回目の妊娠→出産!]

異常なしで終了したはずだった不育症の疑い。
今回妊娠して検査モレしていた項目を追加検査したところ、残念ながら引っかかりました。
抗リン脂質抗体に関わる異常で、血液に血栓ができやすく、胎児とつながる血管に血栓ができると胎児に栄養が行かなくなり流産を引き起こす恐れがあると言うこと。
そのため、バイアスピリンとヘパリンと言う薬で血液をサラサラにして、血栓が出来るのを予防することになりました。
バイアスピリンは1日1錠の飲み薬なので簡単なのですが、ヘパリンは何と1日2回自分で注射をする薬だそうで。それを聞いた時には震え上がりました。
ヘパリンで治療することを聞いた時はそうとは知らず、「はい、よろしくお願いします。」と軽く受けたのですが、「じゃあ、入院だけど、いつからする?1日でも早い方がいいんですが」と言われ?「はい?入院って、何ですか?」とびっくり。注射の仕方の指導と副作用が起きないかを観察するために2泊3日で入院するそうです。
早速翌日から入院になりました。

注射と言っても、きっと糖尿病の人が使っているようなペンタイプのあれだよね。きっとそうだよ。注射なんて素人に打てないよ。
と自分を勇気付けていましたが、しっかり普通に注射でした[あせあせ(飛び散る汗)]

最初は練習用の注射本体、針、キッチンタオルを巻き巻した擬似私の肉、水でひたすら練習。
旦那さんも打てるようにと、夫も特訓です。
入院日の夜、初めての本番。
針、注射器本体(ヘパリン充填済み)をパッケージから出し、2つを合体。針のキャップを取り、薬液の空気を爪で弾いて抜く。薬液をメモリに合わせ、針先まで薬液を満たす(薬液が針先からほんの少し出る)。針の向きに注意し、消毒して摘まんだ肉に10度から30度の角度で針を根元まで刺す(針が2〜3cmくらい)。ピストン(?)を少しだけ引いて、血が逆流してこないか確認。ピストンを押して薬液を注入。針を抜いて終了。
第一回本番は、角度を間違え、肌から針が透けるほど薄くさしてしまいました。
その上、カスカスの練習用の肉とは違い、ピストンを引いてもびくともしない。針をグラグラさせながら何とか引いて、押してみたけど、今度は全然押せない…!針をグラグラさせていたら、看護師さんが「見てられない!」という感じで手を出してきて、結局後半は看護師さんにやってもらっちゃいました。今思うと針が折れそうでした。

4回しか本番チャンスがない中、1回は夫がやりたいと言うし。
3回の本番で、案の定かなりの不安を残したままの退院となりました[バッド(下向き矢印)]
仕方が無い。いつまでも入院してられないし、数をこなして慣れるのみですね。
ちなみに夫は超上手でした。私の注射したところは真っ青になっているのに対し、夫の注射は痛みもないし、青アザも残りません。
場所にも寄るのだろうけれど、自分に自分で注射する怖さがない分ためらわずに刺せるのがいいんじゃないかと言っていました。
本当に、自分に注射を差し込む時は手が震えます。

やるしかないので頑張ります[グッド(上向き矢印)]

あ、陣痛室入院は当日免れました!普通の病室に泊まりました。良かった。

11週検診 [3回目の妊娠→出産!]

赤ちゃんは元気。
寝てましたけど。20分ごとに寝たり起きたりしているそうです。
心臓だけが動いていました。生きていたので一安心。

でも、恐れていたことが。
不育症のやり忘れ検査の結果がかなり悪かったのです。
いきなり明日から入院[ダッシュ(走り出すさま)]
5週から始めるべきだったヘパリン療法というのを遅まきながら慌てて始めます。
なんだかよく分からないのですが、ヘパリンというのは自分でする注射と言うことで、その打ち方の教育と、副作用が起きないか3日間入院で観察するそうです。
詳細は入院中に色々聞いてこようと思います。

もう、この検査が遅れたことに関しての愚痴は言うまいと、前を向いて頑張りますが…新しい愚痴をひとつ言わせて。
2泊3日の入院が何と「陣痛室」に入院だと言うのです。急すぎてベッドが空かないと。
どんなところか聞いてみると、正しく「陣痛室」なので、苦しんでいる人たちがいると…。病室で無いのでテレビ・冷蔵庫などもありませんと。
全く想像がつきませんが、そんなところで3日も大丈夫なのでしょうか、私[たらーっ(汗)]

あ、もうひとつ愚痴あった。
バイアスピリンの処方が今回無かったので、「明日から入院でヘパリンするからもう今日からは飲まなくていいのかなー」と帰りかけたのですが、一応、と産科窓口へ。
処方し忘れだった[どんっ(衝撃)]
本当に、患者本人が意思を持って参加していかないと危ないんだなー、と思いました。

ついでに…母子手帳見たら、11週のはずが、10週○日と記入されていた。赤ちゃんの大きさ的には12週でもおかしくないくらいの大きさだし、どうしてこうなったか不明。

入院準備しなくちゃ。『one piece』たっぷり持って行こうかな。一応耳栓も買って行こう。

母子手帳もらいに [3回目の妊娠→出産!]

9週の診察で、次回(2週間後)までに母子手帳をもらって持ってくるように言われ、もらいに行ってきました。

母子手帳、何だか気が進みませんでした。まだ産める所まで行ける自信がなく、何か持ちたくないなーと。
でも、これまでの妊娠では母子手帳の「ぼ」の字も出たことなく、これは今回が前回と違って順調な証拠なんだと、気持ちを奮い立たせて行って参りました[グッド(上向き矢印)]
もらわなくちゃしょうがないし。

区役所や保健所はうちからはとても遠いので、近くの地域センターに行きました。簡単な届け出や証明書の発行などを代行してくれる所です。
申請書に住所・氏名・病院名・出産予定日などを書いて提出するだけでもらえました。
手帳とちょっとした書類くらいを想定していましたが、何だかどっしり重いバッグを手渡されびっくり。色々な案内や、今渡さなくちゃいけないの?と首を傾げるような先々の書類(児童手当の申請書とか)まで詰まっていました。
長谷部似のイケメン君に「おめでとうございます」と手渡され、ちょっと気分が上がったけど[ハートたち(複数ハート)]

思ったよりあっけなく、さらっともらってきました。
タグ:母子手帳 9週

10週の体調 [3回目の妊娠→出産!]

相変わらず何と無く気持ち悪い時間が多い。
最近は夕方以降夜までがきつい。えっえっとなったり、咳き込んで最後におえっとなる。前兆としてあくびが止まらなくなる。

それと、今週の便秘はひどかった。
少なくとも2〜3日に一回は出せていた私だったのですが、4日間出ないという初めての事態には冷や汗でした。食べている量が少なめなのも敗因だとおもうのですが、だからと言ってそういろいろ食べられない。
出せた時には、背中までスッキリ!少し腰痛があったのですが、それも良くなったように感じました。

診察が2週間ごとで、今週は通院がないので、赤ちゃんが生きているのか毎日不安。
思い余って、エコー見せてもらおうと近所のレディースクリニックに電話してみましたが、最短で取れる予約は何と1ヶ月後[exclamation]
通っている大学病院の産科は「今週は予約一杯。11週に予約取ってますよね。」とバッサリ[もうやだ~(悲しい顔)]
諦めました。空回りしちゃって、ぐったり疲れちゃいました。何やってんだろ、私。
しかし、本当に急に何かあった時はちゃんと診てもらえるのだろうか。その時はちゃんと診てもらえるよね。

もっと落ち着いた人間になりたい[たらーっ(汗)]





タグ:エコー 10週

8〜9週の体調 つわりか? [3回目の妊娠→出産!]

つわりじゃない、つわりじゃないと言い聞かせてきましたが、かなりつわりっぽくなってきました。
でも、これまでいろいろ聞いてきた話よりはずっとずっと楽そうです。
まず、吐くということは一度もありません。
遠足のバスで言ったら、そろそろ手を上げて先生に知らせて、前に座らせてもらおうかな、という感じです。

一日のうちに何回か「今度こそとうとう吐くかも」という時はあります。
あくびが止まらなくなって、すっごく気持ち悪くなって、「えっ、えっ」となります。夕方、夕食後、お風呂の後が大抵調子悪いです。
食べ物はリンゴジュースがブームです。そうめん、チーズフランス、春雨サラダも行けます。料理はほとんどしていません。葉物を茹でるとか、その位。火を使っている時の食べ物の匂いがげんなりします。

胸の張りはそこそこで、それ程辛くはありません。朝起きた時に少し痛いくらい。

どーうしても眠くなって、ちょっとウトウトすると2〜3時間平気で寝ちゃったりします。で、宵っ張りになったり、寝る時間がめちゃくちゃです。でも睡眠時間は結構とれていると思うのでいいかな。

つわりはいつ頃終わるんだろう。人によるのだろうけれど、なんだかスッキリしない毎日でどんよりです。私なんて楽な方だと思うのに。
タグ:つわり 9週 8週

9週4日 診察日 [3回目の妊娠→出産!]

体外受精病院を卒業後、初めて分娩予定をとっていた産婦人科へ行ってきました。

結果、赤ちゃんは週数相当の成長をしていて、心拍もありました。
それは良かったのですが、私、怒ってるんです。

怒ってもどうしようもないけど。どうにも気持ちが収まらない。
長いし愚痴なので、読み流してください。

今回の病院は、1回目、2回目の妊娠→初期流産→不育検査→不育経過(抗核抗体異常)→不育でなくシェーングレンが原因と分かり不育治療終了と産科・婦人科で2年くらいお世話になった病院。
その後担当の医師が病院を辞めて他病院に移った時、新しい病院に通ってくれと言われていたけれど、遠いのと、不妊治療に気持ちを取られていたことで結局通わず終いのまま今回の妊娠になった。
この前4週の診察は分娩予約受付のみという感じで、いろいろ聞いてみたけどあまり相手にしてもらえなかったのは以前ブログに書いたとおり。
あまりに頼りない医師(もしかして研修医?とさえ疑っている)だったので、いやらしいかなーと思ったものの、今回は医師を指名して予約しちゃいました。よく分からないけれど、一番長く勤務していそうで、一番外来に出ていそうな医師にお願いしました。

で、4週の診察時に聞きたかったこと、伝えたかったことをまた1から説明。
すると、
「不育の検査はしてないの?」と聞かれたので、「しました。」と返事。
「別の病院でしたの?」と聞くので「ここでしました。」と返事。
「どんな検査したの?」と聞くので、「10項目か20項目くらい血液検査で。」と答えると、
「それならここ(カルテ)にあるんだけど、これだけ?保険外はしなかったの?」と聞かれたので、「それだけです。できる検査全部してくださいとお願いして、この病院でできる検査は全てしたと聞きましたが。」と返事すると、
「○○先生(2年不育の通院を診てくれていた医師)は不育の知識はないからなー。」って[むかっ(怒り)]

何でも、抗核抗体が私ぐらい異常値の場合、追加ですべき検査項目が多々あったそうだ。
今から検査できないのか聞くと、今から検査して異常値が出ても、治療を始めるべき時期は過ぎてしまっていて時すでに遅し。なのだそうです。でもしないわけに行かないので今日検査して、結果は2週間後。もう手遅れになるけど。どうして検査しておかなかったのかなーみたいな話をブツブツ。
知らねーよ[exclamation]
私の2年の通院は何だったの?(無意味に結構な値段の漢方飲み続けてた)何で不育の知識のない先生に不育の治療を続けさせてたの?このお腹の子はどうなるんだよ!

いつまでも医師がどうして私費検査をしなかったのかとブツブツ言っているので、私が「もう今となってはしょうがないですよね。」とシャットアウトしました。
私にできることはなかったと思うよ?結構しつこくいろんな検査を頼んだけれど、医師に「これ以上の検査はない」って言われるところまでやったんだから。信じちゃうしか無いでしょ。○○先生(前回、前々回の妊娠の担当医)に言って欲しいよ。

今から出来ることは無いのかと話を向けました。
「気休めでしかないけど」と、検査結果が出るまでの2週間分のバイアスピリンが処方されました。
「まぁ、検査の結果、何も出ませんでしたってなるのが一番だけど。」って言われました。本当だよ[exclamation]

それにさー、(愚痴が止まらず失礼)4週の時の医師!あの時気づいてくれていれば、今頃とっくに検査結果が出て、もっと早く対処出来たんじゃないの[exclamation&question]

本当に今となってはどうしようもないし、ここで怒って、あとは夫が帰ってきたら夫に愚痴って、それで忘れようと思います。
赤ちゃん自体はちゃんとここまで育ってくれているのだし。いつまでも怒ってたらストレスになるからね。

せっかく赤ちゃん元気だったのに、喜びが削がれちゃったよ。

体外病院卒業の日 [3回目の妊娠→出産!]

とうとう、卒業の日が来ました。

やっぱり、心拍止まってるんじゃないか、とか、成長してないんじゃないか、とか、ネガティブな気持ち半分で通院。

受付するなり、「採尿してきてください」。
採尿があるのは知っていたので、トイレには行かないでおいたのですが、びっくりするほど出ませんでした。底が埋まらないくらい[たらーっ(汗)]
これはダメだろ・・・と思いながらも一応提出場所に残し、自販機に直行。ポカリを買ってがぶ飲み。絶対にもう一回って言われると思ったから。
結局は大丈夫だった。ポカリ飲み損。

その後内診。
すぐに黒い空間が見えました。じわーっと、白い胎芽も。心臓がモゾモゾ動いていました。はぁ、生きてた〜。
「こっちが頭、こっちが体」と教えて下さったものの、私には全く分からず。何と無く2パーツっぽくは見えたけれど。
ささっと胎芽の大きさを測った後、何かスピーカーから雑音が。ザーーーーーーーー。
画面を見ていると、心臓の部分を何か範囲指定してザーーーーーーーー。
それを繰り返すこと5回くらい。
ハハーン、心音を音で聞かせてくれようとしているのかな?
しかし、残念ながらとうとう成功せず[バッド(下向き矢印)]

その後の診察では、
「心音も規則正しく速さもしっかりあります。順調です。」
この医師から初めて「順調です」なんて言葉聞いたわ!何だか感動。
「大きさは8週0日ながら、8週3日相当ということで、ほぼ標準どおり。」
「じゃ、今日で終了です。この後のことはナースから説明があります。」
この医師の攻略法、やっと掴みかけたけど、今日で終わりか。「ここまでどうもありがとうございました。」と私が言うと、
「これからですからね。頑張って。」
この医師らしい終わりでした。

看護師に呼ばれると、卒業証書なるものをもらえました。手書きのコメント入り。
そして出産後の報告ハガキがついていて、統計をとるので、出産後1ヶ月以内または残念な結果になったらその時に返信してくださいとのこと。
やはり、1年以上通った人は少ないみたいで、長いこと頑張りましたねー的なことを言われました。
その後、何度も見てきた卒業生のアンケートを記入しました。私の採卵回数が、今後のみなさんを勇気付けるか、それとも震え上がらせるか・・・。

会計では、成功報酬24万円+今日の診察料+紹介状料をお支払い。とうとうこれを払うことが出来ました。

ここまで来てまだネガティブな自分が嫌なのですが、それでも、「産科に行くまでに心拍が止まったらどうしよう。」という気持ちが押し寄せます。24万も払ったのにーとか[たらーっ(汗)]
はぁ、この不安は今後一生続くのかもな。
タグ:体外

7週の体調 [3回目の妊娠→出産!]

これまでのお腹いっぱいが大分良くなってきました。
慣れてきたのかもしれません。何時もよりも少なめに食べるようになってきたからかな。

新しい不調は、なんとなく気持ちが悪い
一日の半分くらいがこのなんとなく気持ちが悪いです。
小学生の頃車酔いする子どもだったのですが、遠足のバスでの出発を思い出します。バスに乗り込む前の排気ガスの匂いがなんとなく気持ち悪い・・・そんな感じ。
または、初めて二日酔いになった日のことを覚えているのですが、そんな感じ。二日酔いよりはまだましかな。戻したりはないので。
そのつながりで、唾がたくさん出て気持ちが悪いことも。1日に2〜3回くらい。これも遠足バスの時に似ています。

あと、ものすごく食べたいものと、全然興味のなくなった食べ物がはっきりしてきました。
食べたいとなったら、今食べたい!!という感じ。
そのものはコロコロ変わります。また、普段から食べていたのに、異常に美味しく感じるものがある。
マックのハンバーガー!こんなに美味しかったかしら?!もう一つ買ってこようかしら?とか。
野菜ジュース。お風呂上がりに飲んだら「うっまーーーーー!」とか。
でも2〜3日したら、「昨日までは何だったんだろう?」というくらい美味しくなくなる。
トマト、きゅうりの漬物、かんぴょう巻き、いちご、メロゴールド、小池屋のりしお、豆腐におかかポン酢・・・。

そしてそして。
7週最後の方で始まったのですが、乳首がかゆい[たらーっ(汗)]
これ、前回も前々回の妊娠の時もあったんだ。地味ーに辛いんだよな。
お風呂で石鹸が付かないようにしたり、ごしごししないように気をつけていたら少しはましになりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。