So-net無料ブログ作成
検索選択

7ヶ月(24週)健診 甲状腺機能低下 [3回目の妊娠→出産!]

2週ぶりの健診に行ってきました。
いつも次の健診が待ち遠しく、不安を貯めて、病院で質問とエコーの心臓の動きでその不安を払拭し次の健診をまた待つ…の繰り返しでした。
しかし今回初めて「病院面倒くさいなぁ、もう2週先でもいいのに」と思いました。それだけ体調と気持ちが安定してきたのだと思います[かわいい]
相変わらず大きすぎな赤ちゃんでしたが、心臓が動いていてひと安心。とうとう赤ちゃんの推定体重は1kgを突破しました[ぴかぴか(新しい)]
私の体重は増減なし。

がしかし、新しいトラブルが[バッド(下向き矢印)]甲状腺機能低下だそうです。

今回、ヘパリンの効き具合やアレルギーが出ていないか、軽く引っかかった甲状腺ホルモンの経過、その他、多めの血液検査がありました。
採血だけして、結果は次回だったのですが、病院から帰って家に着くなり、病院から携帯電話に着信。嫌な予感。
担当医直々のお電話で、甲状腺の結果が良くなかった。流産・早産に関わる、投薬したい数値なので、処方箋を取りに来てください。とのこと。とんぼ返りです[たらーっ(汗)]
不安MAXで汗だくで戻ると、担当医にも会えず、本当に受付で処方箋を渡されただけ。看護師さんが担当医をPHSで捕まえて話させてくれましたが、電話で話したとおりで数値や詳しい説明は次の健診で。とのこと。
はぁ、不安ですが、出された薬を飲めば大丈夫なんでしょ?説明は2週後でいいくらいの軽い話なんでしょ?と気持ちをおさめました。

次から次へと本当にいろいろです[バッド(下向き矢印)]
妊娠してるというのに、ただいま薬を5種類も使用中。こんな妊婦生活もあるんですねー。

6ヶ月までの買い物 [3回目の妊娠→出産!]

妊娠したために買った物。

何週だったか、10週くらいにワコールでマタニティショーツ1枚・マタニティブラ2枚・腹巻型腹帯1枚・マタニティガードル1枚・マタニティデニム(レギパンに近いもの)・マタニティレギンスを購入。
15週くらいに赤ちゃん本舗でマタニティショーツを3枚買い足し、マタニティパジャマ1組・マタニティパンツ黒を一本買いましたが、このパンツ、安いのを買ったら安かろう悪かろうで、はき心地が悪く少々失敗?出番は少ないです[たらーっ(汗)]
この頃無印で買ったマタニティカットソーもイマイチ活躍せず。
20週くらいに千趣会でマタニティショーツまた3枚買い足し、マタニティパジャマも1組買い足し、部屋で履くヨガパンツっぽいパンツを一本・マタニティカットソー1枚買いましたが、ヨガパンツ・カットソーはまだ着ていません。

あまりちゃんと外出する機会が少ない生活なので、持っていたチュニックやワンピースでしのいできましたが、着れなくは無いけれど、やっぱりおかしい。かなりルーズな感じのTシャツもやっぱりお腹が超目立って妊婦丸出し。
若い妊婦さんなんかは、Tシャツワンピとかでお腹プリーンの方、よく見かけるけれど、あれは若いからありなのであって、やっぱり40代の私は気後れしちゃって無理でした[たらーっ(汗)]
思い切って昨日、服を買い足してきました。
マタニティジーンズ1本・マタニティTシャツ1枚・マタニティカットソー1枚。
やっぱり、マタニティ用の物はそれなりに作られているんですねー。もちろん妊婦が隠せるわけでは無いですが、普通に近づいて見えます。お腹も楽だし[るんるん]
外出したい気持ちが湧いてきました[かわいい]

それと、6ヶ月に入りやっと『妊娠大百科』的な本を買いました。
その類の本、何か嫌で買えなかったんです。本当に産める確信が持てないと言うか…。それに、楽天booksのポイントが余っていて期限が切れちゃうと言うので、じゃあ買っとくかな、と言う感じで買いました。
今はネットで何でも調べられるので無くても全然OKだな、と思いますが、あったらあったでフムフムなるほどなことも多いです。ネットだと、自分の興味のある情報しか見ませんからね。

マタニティ服って、どこで買うのか未だに右往左往なのですが、新宿伊勢丹のマタニティ売り場はゴージャスでした[ぴかぴか(新しい)]
すごく広い試着室で、中に小さいながらソファーがあり、夫婦で入れます。「休憩がてらゆっくりご試着なさってください」なんて言われて、ゆったり選ぶことができました。
会計をする時も小さな応接セットがいくつかあり、ソファーに座って会計ができました。品揃えもなかなか多かったです。

6ヶ月(22週)健診 [3回目の妊娠→出産!]

22週の健診に行ってきました。健診後助産師さんとの面談もありました。

20週までは少しずつ体重が減り続け、17週が底で、20週でまた増加が見られ、今回は2週で1kg増。
妊娠前の体重と変わらないか少し重くなったくらいになりました。
2週で1kg増はちょっとペースが速すぎるけど、これまで増加がなかった分全く問題なし。だそう。
この時期で5kg増程度の妊婦さもたくさんいるので、体重増加を気にしすぎるな、赤ちゃんのためにも増加は必要とのことでした。
母子教室でも習いましたが、「小さく産んで大きく育てる」時代は終わっていて、妊婦の体重制限を厳しく行った赤ちゃんが育つにつれ肥満傾向になり、成人肥満の危険が高まるというのが今は分かっているそうで、この病院ではそれほど体重制限を厳しくしていないそうです。
それにしてもほっておいたら1kg増/2週していたわけで、私の場合ちょっとは気をつけて行かねばならなそうですが。

と言うのもですね、私のおなかの赤ちゃんは、すでにかなり大きいようなのです。
えっと、書くのもはばかれるのですが・・・今回の計測では3週5日分大きかったです。ほぼひと月ですね。
前回頭が大きいと言われたので気にしていたのですが、今回はそれだけで無く、赤ちゃんの腹囲・大腿骨・頭全てが大きく、こんなことになってしまいました。必然的に推定体重も750gと1ヶ月後でもおかしくない重さがはじき出され[たらーっ(汗)]
それでも担当医は(あ、担当医復活してくれました!良かった!)「大丈夫だよ」とのんびりおっしゃるので、少々気にはなりますが、いいことにします。私が太りすぎているのか聞いてみたら、7ヶ月とか以降は妊婦の食べ過ぎが影響して来るけど、ここまでは関係無いよと言われました。
今回の計測でも分かったけれど、エコーの計測なんて、測る場所が少し違うだけで大きく誤差が出ているみたいだし。
助産師さんは大きさに結構驚いている様子だったので、「1ヶ月大きいと1ヶ月早く出産になるのか」聞いてみたところ、そんなことは無いそうです[わーい(嬉しい顔)]
私自身の生まれた時の出生体重を聞かれ、3500g以上だったと思うと答えると、遺伝かもね、と。そういうの、遺伝するそうです。

おりもの、おりもの、と毎回騒いできましたが、やっと今回担当医が戻って来てくれて、おりものの検査をしてもらえました[るんるん]
結果は後日ですが、医師は開口一番「このおりものは大丈夫だよ。」と言っていただけたので安心しました。早産に関係するおりものはもっとネットリしているそうです。羊水も十分あるし、赤ちゃんは元気だし心配ないみたいです。おりもの問題からひとまず解放されました[ぴかぴか(新しい)]
助産師さんの話の中では、これからおりものが増えて行くそうなので、あまりナーバスにならないよう心がけなくちゃ。

太ももにヘパリンを打った時のみなのですが、打ち跡が打ったあと30分くらい変に腫れる時があったので相談してきました。変というのは、ただ腫れるのではなく、蚊に刺された跡みたいにちょっとギザギザした地図みたいな輪郭をはっきり持って3cmくらい腫れるのです。30分くらいすると曖昧になって普通の腫れになっちゃうんだけど。
スマホで撮影して医師に見せたところ、「アレルギーになっているかも」と。このまま続けるけれどひどくなるようならヘパリンは中止になるそうです。アレルギーの場合、続けると私の命に関わるそうです。ヘパリンが中止になっても別の薬があるので大丈夫みたいですが、そっちは保険が利かないそうで。それは困るなー[バッド(下向き矢印)]

6ヶ月(21週)体調 [3回目の妊娠→出産!]

21週目。6ヶ月です。

お腹は太っているだけでは説明がつかない出具合になって来ました。
太っているお腹の時はへそ周りが出っ張りのメインでしたが、今は胸のすぐ下、胃のあたりからまぁるく出て来ている様に思います。
おへそも何だか形が変わって、心なし浅くなって来た様な。ズボンにシャツを入れる時に爪を引っ掛けておへそ負傷しました。こんなこと初めて。

つわりの続きなのか、ぶり返しなのか、食後に気持ちが悪くなることも少なからずあり。
ただ、ほとんど食べられないものが無くなったので、体重の増加が始まりました[あせあせ(飛び散る汗)]

おりものはほとんど無い日もあれば、多い日もあります。多いというのは、おりものシートを1日に3回替えるくらい。薄い乳液みたいなことが多いかな。乾くと黄色っぽかったり。いいのかな?次の検診でもしつこく聞いてみようと思います。

便秘は薬をもらって解消。様子を見て2日出ないと飲んでみたり、ちゃんと出た日はやめてみたり。まぁまぁコントロールできています。

1日だけだったのですが、肛門の奥と言うか、直腸辺りがイタタタタ、になったことがありました。これが掻爬手術後の感じと似ていたので非常に心配しましたが、治まりました。立ったり座ったりの時が痛く、しばらく同じ体勢でいれば治るという感じでした。
何かなー。その後は恥骨っていうのかな?大事な所の骨が少々痛いのが続いたので、もしかしたら骨や筋的な何かかも?お腹が重くなったり、気を使ったりして姿勢がおかしくなったり変な所に力が入っているのかなー。

乳首・・と言うか、最近は乳輪がかゆいです。おっぱいが大きくなって来た影響なのかしら。

不調を探せば、こうやって出ては来るけれど、初期と比べるとかなり不調は減って、心配事も減って、必然的に気持ちも落ち着いてきました。病院でも医師を質問責めにしていましたが、ここ数回は質問もあまり無くなってきました[かわいい]

最後にヘパリン自己注射のことを。
手の指の皮がカッサカサ、ベロベロになった件は、アルコール綿に長時間直接触らない様にしたら完治し、その後は何ともありません。やはりアルコールに負けていた様です。
注射は、少々空気が残ろうが、神経質にならずに清潔だけを心がける様になってからだいぶ気が楽になってきました。
大きくあざになることもほとんどなくなりましたし、順調です。右腹→右もも→右腕(夫)→左腹→左もも→左腕(夫)→右腹→右腕→右尻(夫)→左腹→左もも→左尻(夫)のローテーションで回しています。夫次第でたまに崩れますが。お尻はあざになり後々痛む確率が他の場所よりも多いです。
まぁ、油断していると他の場所も黒ーく内出血して凹んだりするけれど[あせあせ(飛び散る汗)]

順調に進みますように。

20週健診 胎児診断&性別判明 [3回目の妊娠→出産!]

20週の健診です。
エコーによる胎児診断と言うのが行われ、詳しく計測などを行います。

でもね、やっぱり担当医はまだ復帰せず、一番最初に受付をしたお医者さんが、もう1人の若いお医者さんと2人で「大丈夫だよね?」「うん、大丈夫だよね」などと言いながら進んで行くので、非常に不安な診察でした[たらーっ(汗)]途中何回か年配のお医者さんが「どう?」と入って来て、お二人は「大丈夫です」と。おじさん医師!あなたも見てってーと心で叫ぶ。
お腹が冷え冷えになるくらい何度も何度も測り直されたのが頭の大きさ。
最初から、全体的に1週分くらい大きい感じだったのですが、前回、頭以外は週数相当に収まり、頭だけが1週分オーバーになり、今回は2週オーバー[たらーっ(汗)]。あらゆる角度から測り直し、10日分くらいのオーバーに収めていました。
ただ、頭の中の部分部分の計測は正常範囲内に収まっているので、今のところこれは「頭が大きい子
」というこの赤ちゃんの個性みたいです。今後も注意深く見て行きましょう。ということでした。
でもね、実は私も人より頭が大きいのです。かわいそうに、遺伝かも。ごめんよ。

で、性別判明しまして、男の子でした。
医師「ここ、あるでしょ?分かるでしょ?」
私「全然分かりません」
医師「ここにね、付いてるよ」
私「・・・・男ーーーー?!」
私が思いがけず大声を出してしまったので、医師2人びっくりさせてしまい、2人揃って画面を二度見していました。やっぱりついているそうで。
何だか勝手に女の子の様な気がしていたので、勝手にびっくりしてしまいました。
何となく女の子がいいかなーなんて思っていたのだと思いますが、聞いた途端に男の子嬉しい!と思えて来たから不思議。大きくなれよ!(頭の大きさはほどほどにね)

最後に久しぶりの内診で、クラミジアの検査をしました。
ついでにおりものが多い日がある不安を相談したのですが、ひとまず羊水では無いでしょう、と検査も必要なしでした。
同時に子宮頸管の長さを測って4cm以上ということで、問題なしだそうです。

性別が分かった高揚感いっぱいで帰路に着いたのですが、最後に爆弾が。
いつもの薬をもらおうと家のそばの薬局で処方箋を出すと、薬剤師さんが、「いつも保険なのに、今回は20割負担になっていますが・・・」
20割?!「20割ってどういうことですか?」と聞くと、自由診療で救急なんかで病院が自由に設定できるんですよ・・みたいな返事。
自己負担だったとしても10割ならまだ分かるけれど、20割ってさっぱり意味がわからない。いつも数百円の薬が数千円に。病院ももう電話に出ない時間で問い合わせもできず。
結局は薬局が明日病院に確認してくれることに。ほぼほぼ病院の間違いでしょうと保険適用のいつもの値段で売ってもらいました。
この病院、本当に信用ならない。前回の教訓で、院外院内処方はその場でチェックしたのだけれど、そこまではチェックしてなかったー。気が抜けません。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。