So-net無料ブログ作成
検索選択

緊急帝王切開 [3回目の妊娠→出産!]

緊急帝王切開が決まり、夫を呼び戻すことに。
電話すると夕飯食べて今家に着いたよ、とのこと。申し訳ないけど今から生むからお願いと頼むと、信じられない速さで戻って来ました。
手術室に入る前に間に合わないかもと思っていたので、入る前に会えて良かったです。

あらゆる書類にサインしまくり、ベッドごと、違う建物の手術室に運ばれました。夜中だったので真っ暗な中非常灯だけが所々点いていて、怖かったです。
すぐに赤ちゃんを見たかったけれど、メガネはダメよと言われがっかり。メガネを預け、手術室手前で夫とはバイバイ
この後30分後、真っ暗な中待つ夫に、手術に入る前の担当医の先生が声を掛けたそうです。
「残念でしたが・・・・」
夫は手術が終わって出てきたのかと思い、医師の言葉に何かあったのかと思い気が遠くなりそうになったそうです。続いた言葉は、
「経膣で生むことができなくて、ごめんなさいね。」

ものすごーく広い手術室。麻酔科の医師たちから説明を受けます。だんだん緊張してきましたが、平静を装っていました。
時間を聞く0時20分位前。「日付はどちらになりますかね?」と聞いたら、「微妙!でも、明日かな」とのこと。

麻酔医は3名くらい。産科医は2名。後は看護師さんが数名。担当の産科医は少々遅れて入ってきました。
緊張で震えて、歯がガチガチしてきてしまいました。子どもが生まれてくるという緊張なのか、お腹を切る怖さか。看護師さんが「寒いですか?」と聞いて、寒くないと答えたのですが、何かどんどんあっためられて暑かったです。
麻酔を入れ、感覚が無くなっていることを確認。意識ははっきりです。触られている感じはあります。
途中からお腹が痛くなってきました。「お腹が痛いんですけど」と何度か訴えました。
また、「持ち上げて、違うよ、それは卵管だから・・・」などと担当医ともう一人の産科医のの声が聞こえたのがグロかったです。

担当医の「吸引するね」と言う声。「えー、帝王切開でも吸引とかあるの?」と内心驚きつつ、声も出せず。あっという間に周りから「おっきーーー」との声が。[たらーっ(汗)]
「はい、生まれたよー」と、担当医が私の顔とお腹の間のついたてを超えて赤ちゃんを私の上にかざしてくれたのですが、何か、液体がぼたぼた!と顔にかかって目をつむってしまっている間に「先生っ!」と看護師さんに押されてお腹の方に赤ちゃんは戻されてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

程なく赤ちゃんが私の顔の横に。看護師さんが抱っこして見せてくれました。
狂ったように泣いていて、真っ赤でした。唖然と見つめていると、「触ってもいいんですよ」と言われたので、手を延ばしてちょっとだけ体に触りましたが赤ちゃんは泣き狂っていて、私には全く気付いていない様子。何か嬉しく悲しく、お腹が痛く、オンオン泣いてしまいました。
そこで赤ちゃんとはお別れ。
お腹が痛いと訴えすぎたせいで?「少し眠りましょう」と何か麻酔を足されて夢うつつになってしまいました。

nice!(1)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。