So-net無料ブログ作成
不育症 ブログトップ

不育症通院、突然終了 [不育症]

2度の流産後、検査の結果「抗核抗体が高い」との結果が出たため、抗核抗体を下げるためにサイレイトウと言う漢方薬を飲みながら、3ヶ月に一回通院して血液検査をしながら経過を見ています。
ちなみに、抗核抗体が高いだけでは不育症の原因とはならないとのことで、一応の治療という感じです。そうしながら妊娠できればいいね、という感じで通っていましたが、とうとうなんの音沙汰もないまま1年以上経ってしまいました。

そして今日、また3ヶ月に一回の通院をしてきたのですが、突然ながら今日でサイレイトウも終了ということになりました。

話はさかのぼるのですが、前回の通院
http://baraabaru.blog.so-net.ne.jp/2012-12-02
で体調の不調を相談してみたところ、リウマチ・膠原病内科の検査を受けることになり、その結果シェーグレン症候群ということが発覚しました。
その後初の不育症の通院だったのですが、シェーグレン症候群なら抗核抗体がサイレイトウで何とかなるものではない。なのでサイレイトウはもう終わります。
抗核抗体が高いのも原因がわかったので、心配はない。
サイレイトウをやめて様子をみましょう。そこでまた抗核抗体が跳ね上がるようであればまた考えましょう。
そして、ひとまずこれで通院も終わり、と言うことになりました。
・・・・ちょっと待って?抗核抗体が跳ね上がらないかどうかって、今後どうすりゃ分かるんだ?
と言うことで、3ヶ月くらい経ったらまた病院に行ってみることになりましたが、担当医が異動するとかで。異動先はうちからだとちょっと遠い病院なのだけど、私、この先生が好きだし、ひとまずついて行くことにしました。もう、治療も無いし、気分転換に新しい病院で働く先生に会いに行く・・・って感じです[あせあせ(飛び散る汗)][わーい(嬉しい顔)]

不育症の通院 [不育症]

不育症の通院と言っても、抗核抗体を下げるための薬をもらうための3ヶ月に1度の通院です。

サイレイトウという漢方薬を飲みながら、3ヶ月に1度血液検査で抗核抗体の数値を観察しています。
最初の3ヶ月はカクッと数値が下がって(それでも標準値からは程遠く高い)その後はじわりと下がっていたのですが、今回とうとう変化なし[たらーっ(汗)]
以前、近所の婦人科クリニックで相談してみた時も、「体質だから、標準まで下がるということはないと思いますよ。」と言われたこともあり、また、これが不育症の原因となるわけではないと聞いていることもあり、まぁ、ここまでなのかなぁ、といった感想。

しかし、この検査をした3ヶ月前、まだものすごく暑い時期だったので体調もイマイチだったせいもあり、手のムクミを先生に相談しちゃったんだな。
その時の症状は、手がむくんで指輪が入らなくなった。起床時に指が痛く、痛さで目覚める時もある。
そして、以前から健康診断RAという数値でたまに引っかかる。これは以前相談した際、抗核抗体が高いのと関係していると思われるので、抗核抗体を下げる薬で一緒に良くなるのではということでした。
ところが、手もむくんで痛い、以前からRAが陽性、抗核抗体の値が下がらない・・・ということで、先生はリウマチを疑ったみたい。
身内にリウマチの人はいますか?との質問に、私「はい、います」
で、膠原病・リウマチ科に行くことになっちまいました[ダッシュ(走り出すさま)]
まあ、何となく気になってはいたのです。
一度ハッキリさせてきたいと思います。

3ヶ月に一度の通院 [不育症]

抗核抗体が高め、ということで、サイレイトウを一日3回飲み、3ヶ月に一度血液検査をしながら次の妊娠を待っています。

妊娠した時のための一連のサイクルのため、なかなか妊娠しないとだんだんだれてきました。
妊娠しないとこの投薬も通院も無駄なんだよなー、なんて思ってしまうと、ちょっとぐれたくなったり[たらーっ(汗)]
先日行った内科でサイレイトウを毎日飲んでいることを伝えると、「サイレイトウって高いよね」と言われたのにも凹んでみたり。
値段なんて、漢方の相場も知らなかったから気にもしてなかったのに。
(ちなみに支払いは私の場合、月4,000円くらいです)

まぁ、婦人科の担当医もそんな感じで(?違うかな、違ったら先生ゴメンなさい)、サラッとしたもんです。
[わーい(嬉しい顔)]久しぶりー、あ、髪切ったんだー、最近どう?
[猫]変わりありません。
[わーい(嬉しい顔)]じゃぁ、また血液検査して帰ってね。

いつもこの血液検査の結果を聞きに、1週間後にまた病院へ行くのだけれど、とうとう今回は
[わーい(嬉しい顔)]結果は3ヶ月後の通院の時でいいか

そんなもんになってきました[あせあせ(飛び散る汗)]


ついでにトキソプラズマについて聞いてみると、
[わーい(嬉しい顔)]テレビでやったんだよねー。検査希望者殺到だよ
私の先生曰く、トキソプラズマで障害が出ることは本当に本当に稀。ただ、出ると衝撃的な障害が出ることがあるのでテレビでは取り上げやすい。だから定期的に取り上げるんだろう。
家猫より野生動物(キツネとか)に注意。ベランダガーデニングは何の問題もない。レアステーキも問題なし。ユッケ、レバ刺しはダメよ。もう食べられないけどね。
で、検査するまでもないと思うけれど、いつもの血液検査のおまけでできるからやっとく?
そんな感じでした。
一応やってもらうことに。これも結果は3ヶ月後でいいよね、ってことに。

早く妊娠してサイレイトウの効力を実感し、トキソプラズマも調べておいて良かったね[かわいい]ってことになりたいもんです。

柴苓湯4ヶ月の成果 [不育症]

サイレイトウを4ヶ月飲んでの血液検査の結果。

多少数値は下がって良くなったものの、正常値とはまだまだほど遠く・・・・。
こんなでいいのかなぁ、と思うのだけれど、先生は「効いていますね」と納得顏[ぴかぴか(新しい)]
じゃあ、そんなものなのかな、あんまりクヨクヨしてる方が良くないな、と、私も納得してみました[かわいい]
漢方ってそういったものなのかも。

やっぱり婦人科最高。
今回の待ち時間は30分で済みました。
待合室は混んでいるのだけれど、一人一人にかかる診察時間が少ないのかしら?

サイレイトウは妊娠してもできれば飲み続ける薬なので、このまま毎日飲み続けて妊娠を待つ予定です。
早く妊娠したいなぁ。

久々に病院 [不育症]

不育症の通院は、私の場合、4ヶ月サイレイトウを飲んで抗核抗体の数値を確認・・・という何というかユル〜イ感じで流れているので、薬が無くなりそうになってきて、久しぶりに病院へ行ってきました。

今までは産科にお世話になっていたのですが、担当の先生の異動にお供して、今回から婦人科にお引越し。
結果、婦人科の方がかなりいい感じかも[るんるん]

以前の産科は、不妊治療・産科・小児科の待合室が一緒という、かなり微妙な場所にあった[あせあせ(飛び散る汗)]
順調な妊婦さんや、小児科にきている人は特にどうも感じないかもしれないけれど、不妊治療や、流産後の通院をしている人の中には厳しく感じる人も絶対にいると思う。
その点婦人科は、耳鼻科や消化器内科などの並びの奥にこそっと位置していて、なかなか落ち着いている。

そして、何より嬉しいのは、待ち時間が少ない[時計]

まぁこれはその日次第でもあるし、1回くらいでなんとも言えないけれど。
産科では予約しても1時間待ち、予約なしだと3時間待ちはあたり前だったけれど、今回は予約なしでも1時間待ちで済みました[わーい(嬉しい顔)]

今回は採血のみで、結果は来週。
数値がちゃんと下がってるといいな。
今回の採血をしてくれた人は、ものすごーーく慎重でおどおどして見えたので、「あー、はずれちゃったかもー[ふらふら]」と、覚悟していたけれど、大して痛くもなく、とっても上手で、アタリでした[わーい(嬉しい顔)]
疑ってごめんなさいね。


実は、今回の病院までには妊娠できちゃってるんじゃないかなぁ、なんて、何となく思っていたので、病院に行く前に流産後6回目の生理がきちゃってがっかりして、少し焦りも感じていたのだけれど、先生に相談すると相変わらず、「サイレイトウも4ヶ月飲んでこれからが本番なんだから、だいじょぶだいじょぶ。2回妊娠してるんだから、普通に自信持ってトライして!」とあっけらかんと言われ、拍子抜け。
では、もう少し気楽にトライしてみるか、と帰りは足取り軽く帰ってきました。

妊娠する前に3kgは(本当の理想は5〜10kg)痩せておきたいので、運動と健康的な食事を心がけて過ごします。


抗核抗体高め…2ヶ月後の診察 [不育症]

2回目の流産後、不育症の検査をしました。
その際、抗核抗体が高いということで、サイレイトウという漢方薬を飲んで、2ヶ月後再度血液検査をする、ということになりました。

2ヶ月経って、いざ病院へ。
採血は嫌だけど、効果があったかワクワク。

まずは診察室で、2ヶ月ぶりに担当の先生にこんにちは。
そしたら、そしたら…
「他の先生に聞いたらね、4ヶ月くらい続けないと数値には出ないって言われたの。だから今日は検査は無し。2ヶ月後にまた来て下さい。無駄足踏ませちゃって、ごめんね。」
なぁぁぁにぃぃ!

こう書いていると、こんな先生に任せてていいのか?と思えてくるのだけれど、なーぜか、実際にはそう思わないの。
何と言うか、多分私、この先生と相性がいい気がする[ひらめき]
その証拠というか何というか。
担当の先生が配置換えでこれまでの産科から婦人科に異動になるということで、「他の産科の先生にバトンタッチするか」「婦人科で今の先生に続けて診てもらうか」提案されて、迷わず先生について婦人科に移ると返事しました。
先生も「良かった。私もここでさよならしちゃうのは気になっちゃうな、って思ってたから。」とのこと。
ちょっと、「?」な時もある先生だけど、その時は都度よく話を聞いて、まあ、気長にのびのび治療していこ!と思ってます[かわいい]

ところで、最近ちょっと気になっていたことについても先生に相談してみました。
「こんな年になって、自然妊娠を待っていて大丈夫なんでしょうか?身の回りの友達はほとんど多かれ少なかれ治療を受けての妊娠になってきているように思うんですが。」
それに対する答えは、
「40過ぎても自然妊娠する人は自然妊娠普通にするよ。今までの2回とも自然妊娠だよね?私は全くその点は心配してなかったよ。それはまた半年くらいはチャレンジしてから考えたら?」

そうだねー、じゃあまあそうしてみるか。
先生のこういうゆる~い感じが心地いいのかなー[いい気分(温泉)]

柴苓湯(サイレイトウ)を飲んで1ヶ月 [不育症]

柴苓湯を飲み始めて約1ヶ月経ちました。

不育症の血液検査の結果、抗核抗体の値が高めでした。
その値を下げるために飲み始めた柴苓湯。

抗核抗体の値を下げる効果が出ているかどうかは、2ヶ月飲んでまた血液検査をすることになっているので、まだ何とも言えません。


薬をもらった時は、1日3回2ヶ月分ということで、かなり大量で、「えー!!こんなに飲めるのぉ[exclamation&question]」と衝撃でしたが、やっと半分まで来てカサもだいぶ減って一安心。

「漢方、それも粉って飲めるのかな[たらーっ(汗)]」と言う心配も今や昔の話。全く問題なく飲めちゃってます。

実感している変化は・・・
柴苓湯の影響かどうかは定かではありませんが、最初は非常にトイレが近くなって、尿の量が増えました。
それにも慣れたのか、それとも落ち着いたのか、今は全く気にならなくなっています。
それ以外は本当に特に何も感じていません。

抗核抗体の値が高いということ自体は不育症の原因とは言えないとのことですが、今はこの柴苓湯を信じて頑張っています[かわいい]
次の血液検査が楽しみです。

不育症検査 結果 [不育症]

不育症検査の結果を聞きに、病院へ行ってきました。

検査結果の用紙に書かれた検査項目は20程度。
測定値と基準範囲値が並べて書かれています。

検査項目に関しては、先生の話を聞きながらチンプンカンプンにならない様に、事前に少々インターネットで予習をしていました。
厚労省の研究班が作っているページがとても分かりやすくできています。

そこで勉強したところ、不育症の要因は下記の8点だそうです。
1 子宮形態異常
2 甲状腺異常
3 染色体異常
4 抗リン脂質抗体陽性
5 第XII因子
6 プロテインS欠乏
7 プロテインC欠乏
8 原因不明

今回の検査で私はこの4〜7を検査しました。
つまりは、血液凝固因子や自己抗体に関するものの検査。

結果は、ほとんど異常値なし。
1点だけ、抗核抗体の値が高め。

主治医によると、この抗核抗体のみが原因で不育症になるという研究結果はないとのこと。
しかし、異常値であることは確かなので、「どうする?下げてみる?」。

どうやって「下げてみる」のか聞いてみると、漢方薬を試してみるとのこと。
それなら負担も少なそうだし、「やってみます」と返事しました。

先生「ただ、漢方薬で粉なんだよね。飲める?」
私 「苦手ですけど[あせあせ(飛び散る汗)]何か回避策、あるんですんですか?錠剤とか?」
先生「オブラート包んで飲むくらいかな[あせあせ(飛び散る汗)]
私 「それなら普通に頑張って飲めます。大人だし[わーい(嬉しい顔)]

何だよ、聞かれたから、何かいい秘策があるのかと思っちゃったよ[たらーっ(汗)]
でも、その後の先生のお話が興味深かったです。
先生「でも、漢方は体に合うと飲めるんだよ。合わないと飲めない。私はこの薬、keseraさんに合うと思うんだよなー、何となく。」

すごい!漢方の不思議!!!
何だか飲むのが楽しみになってきました[揺れるハート]
ちなみに『柴苓湯(サイレイトウ)』と言うお薬です。

その後飲んでみると・・・・うん!全然飲める!!
飲むからには、魔法の薬と信じて楽しく飲んで行きたいと思います。

不育症検査 採血のみ [不育症]

不育症の検査のために、採血をしてきました。
初めての不育症へのアプローチ。
ちょっと緊張したけれど、何てことはない。ひとまず、今回は採血のみ。

不育症に関しても、「妊娠→流産×2」でお世話になった先生にお世話になります。
不育症メインの病院へ乗り換えることも考えるには考えました。
しかし、お世話になっている病院も、不育症患者の治療実績は少なくないし、これまでの流れを把握している先生に見てもらうという安心感もあるので、引き続き同じ病院で不育症の検査を受けることにしました。

不育症の原因は無数にあることなのなのですが、ひとまず、中でも頻度が高いと言われており、かつ治療方法のある「血液凝固」に関する検査をします。
ひとまず・・・・と言うか、これ以上のことをするつもりは今のところありません。
先生の方針が、「それ以上の検査は肉体的にも、金額的にも負担が大きい。かつ、原因が見つかっても対処療法がない。また、染色体に関わる検査に関しては倫理的にも問題がある。」というものであり、今のところ私も同様に考えるためです。

採血の部屋に行くと、小さな採血管が4本。
私「たくさん採るんですね[がく~(落胆した顔)]
すると、看護師さん「そんなことないですよ、大さじ1杯くらいですよ。」

え!意外!そんなにちょっとしか採ってなかったんだ[わーい(嬉しい顔)]

全然痛くなかったし、楽勝でした[るんるん]
お支払いは6,000円くらいでした。保険適用です。

結果を聞くのはまた後日[揺れるハート]
不育症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。